BLOGブログ

2019年10月29日

処方おこしの考え方1

手作りコスメ・石けん学



「処方」とは、化粧品会社では
処方組みとか、処方設計
またはフォーミュラ設計と呼ぶ
原材料や配合量を決めること。


 

家で自分や家族が使うものを
考えて作ることを

「処方おこし」と名付けました。

 

「おこし」は「おこす」の名詞ですが、
処方という言葉に組み合わせた時に
手作りなイメージがあり、

 

家庭内で最適なものを
設定できることを
意味しています。

 



季節や肌、心の状態、生活の様子、
気持ちに合わせて原材料の
ひとつひとつから
吟味して選び調合する。


 

育てた草、花、酢、酒、油、水、蜂蜜…
そして1滴のアロマ。


 

相手の反応を観、
一緒にできること。


 

市販品の多くは結果をみるのに対し、
手作りは、その過程から始まる
知の冒険とセラピー要素、
フィードバックから
出来上がるオンリーワン。


 

暮らしの意識も変わってきます。

 

【受講生の声】⬇️

【ライフオーガニスタ受講生の声】自分を大切にできるようになった



 


”処方おこし”が必要と
感じられている人は、

●自分で自分のことを
ケアできるようになりたい、

●家族のケアが
できるようになりたい

●困っている人にアドバイス
できるようになりたい

●市販のものが肌に
あわないことが多い
という方々


お仕事をされている方では、
●エステティシャン
●アロマセラピスト
●医療従事者
●美容師

というような人の肌に
触れる機会が多い方々です。



レッスンの中で、様々なクラフト作りを
お伝えしていますが、

 

それは「乳化」という現象を
体験していただいたり、
(実際の乳化技術は、すごく難しいもの。)

 

乳化剤の種類による違い、
基剤の違い、
ハーブやアロマの組み合わせ

 

基礎知識として
体験する機会だからです。

 

本当に必要なのは、
肌にあうものを見つけ、


ある程度、保存がきくもの。
(いわゆる”つくおき”ができるもの。)


 

 

保存料を使わない手作りは、
腐敗のリスクと隣り合わせ。
(特に水を使うものや
作ったものの保存の仕方、
使い方によって。)


 

たくさんの量は、作れず、
最低量を作っては使い

また作っては使い・・・


 

すぐなくなってしまう、
必要な時に作れない時が多い、
こういったことが
ケアを続けられない要因となります。


 



元気な人はそれでいいのです。

たとえば、水と油を乳化させる
クリームを作っても、

そんなにバンバンなくなることは
ありません。


 

 

ただ、うちの妹や夫のように、
激しい乾燥がある肌には、
あっという間になくなってしまう・・・。

 

手作り石けん使ってくれていてもです。
(私の場合は、冬以外だったら
石けんだけで、何も塗らなくても
大丈夫なのに。)


 

クリーム作りに使う
乳化剤も種類によって

変な匂いがしたり、
乳化するのに時間がかかったり

 

油性のものばかりで
作ると好まれない・・・

 

そうなると結構、
めんどくさくなる訳です。


 

そこで一度にある程度の量を作っても
保存がきいて、その時どきで
アレンジできる方法


 

それは

混ぜて作らない

水系のもの、油系のもの
単品で作って保存しておく。
単純です。


 

そして、使う時に
好みの加減で、
乳化させて使う・・・

 

 

また、最低量の保存料が入った
市販基材との併用の仕方など


 

「処方おこし」の考え方の1つとして
新潟の講座でお伝えしてきました。

 

(市販基材の成分の見方は
また次回にお伝えできる機会が
あればと思っています。)


 



こちらは、↑あると便利な
ハーブティンクチャー
みじかなハーブたち。

(アルファベットを貼ってあるのは、
香り・味比べクイズのため。
正解者5名様にプレゼントを
持って行きました。)

 

長島司先生の著書を参考にして、
度数40度のウォッカで
ほどほど良い成分がとれるもの。


 

水でよくとれる成分が多いものは、
焼酎で抽出しています。


 

翌日のフィールドワークテーマの
クロモジも追加して、
こちらだけスピリタスを
希釈して70度で抽出しています。


 

これらハーブティンクチャーがあると、
飲用して使うことはもちろん、

ある程度、保存がきく
手作りコスメに応用ができます。


 

 

”処方おこしができるようになる”

 

目的があるから必要性を感じる訳です。
やってみては反応をみて、
また別の基材を試してみて、
配合を変えて・・・


 

教室には、様々な方が
いらっしゃる中で


 

介護に携わって
いらっしゃる方、
受験生を抱えていらっしゃる方、
お子さんのこと
ご自身の体調の変化


 

こういった方々が
処方おこしをたくさんされています。


 


ご自身の体験、経験が

どなたかのお役にたつことにもなります。
是非記録することをおすすめします。


 



 

また子供さんたちが巣立って
この先どうしようと焦りや不安をお持ちの方が
自分自身の心と体のケアに「処方おこし」を
必要と感じられています。

 

次の記事では、その処方おこしの考え方の続き
「恋する石けん」をご紹介しますね。

 
Line登録



教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加


QOLアップレター(メルマガ)登録

もっと暮らしが好きになる、もっと自分が好きになる
QOLをあげるためのヒント(→★★)
レッスン情報・ご案内と供にお届けしています。

インスタグラム

Follow me (→★★

CATEGORY

QOLスクール&Labo フェールマヴィ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-4373-8393

AEAJアロマテラピー資格以外のレッスンはこちら

faire ma vie