BLOGブログ

2018年09月02日

【植物と暮らし】牡丹(雅楽の太鼓より)

植物と暮らし

雅楽鑑賞

世界最古のオーケストラといわれる
雅楽を鑑賞してきました。

 

演奏形態は、
「管弦」貴族の音楽の遊びが元になったといわれる
演奏のみの形態と「舞楽」舞を伴う演奏形態。

 

演奏は、雅楽演奏団「伶楽舎」
音楽監督の芝祐靖さんもおみえになっていました。

 

途中、楽器の紹介があったのですが、
1つ1つの楽器の説明や
音色を聞くことは初めてのこと、

 

1000年以上も前に竹や木でこんなに
素晴らしい音色を奏でる楽器を
作られていたことに驚きました。

 

さて、その楽器のお話の中にあった
太鼓に描かれている模様のお話、
「獅子と牡丹」について
かいてみたいと思います。

 

「獅子と牡丹」


私の声↓







そういえば、屏風絵でもよく見かけていたな・・・
でも、獅子と牡丹が一緒に描かれていることに
意味があって一緒に描かれていたとは思いもしなかった!

 

ここで牡丹についてみていきましょう。

牡丹の花

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」
という言葉にも出てきますね。

 

(元々は生薬の用い方をたとえたものだそうです。
「立てば芍薬」の ”立てば” は、イライラとし、
気のたっている女性を意味し、芍薬の根により改善され

 

「座れば牡丹」の ”座れば” は、ペタンと座って
ばかりいるような女性を意味し、
それは「お血(おけつ)腹部に血液が滞った状態」で
牡丹の根の皮の部分により改善・・・・

出典:北海道立衛生研究所薬草園 林 隆章氏
http://www.iph.pref.hokkaido.jp)


 

牡丹は、聖武天皇の時代に
中国から日本に伝わったものですが、

 

原産国の中国では、「花の王」と尊ばれ、
「百花王(ひゃっかおう)」という名や
富貴の象徴として「富貴花(ふうきか)」
という名があります。

 

続いて伝説の神獣「獅子」について



百獣の王ですが、
弱点は身体に寄生する虫です。

 

獅子の体毛に棲み、獅子の身を食い破るという
獅子にとっての害虫。

 

この害虫は、牡丹の花からしたたり落ちる
夜露にあたると死ぬので、
獅子は牡丹の花の下で休むことが安住の場所
だから共に描かれているのだそうです。

 

「唐獅子牡丹(からじしぼたん) 」や
「牡丹獅子」などの家紋や

 

日本や中国の屏風や襖絵などの絵画に
"獅子に牡丹"という構図があるのは
どうやらそういう繋がりがあるようです。

 

牡丹といえば、5月ぐらいに咲く
花のイメージがありますが、
秋~冬にかけて咲く花もあります。

 

もうすぐ外の散策が気持ちよくできるようになります。
秋咲きの牡丹の花をみかけたら、この獅子の話しを
思い出してみてくださいね。

 

なんだか牡丹の夜露を集めて
石鹸を作りたくなった私です。
(石鹸の水分量ほどには
集められないでしょうけれど・・・)

_______________________

【おまけ】

獅子の頭には強い霊力があり、
悪い気を食べてくれると言われています。
獅子舞で人の頭を「パクパク」と動かしている動作も、
人の悪を食べている仕草だそうです。

<おわり>

_______________________
インスタグラム(→★★

Line@ 教室最新情報が届きます。

友だち追加

________________

 ★人生とは日々の暮らしの積み重ね
暮らしの質をあげるQOLアップレターを
レッスン情報と共にお届けしています。
(毎週月曜日:QOLアップの言葉
毎週金曜日:アロマハーブライフスタイル)























QOLアップレター登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *








 

 
■Facebookページ

11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

CATEGORY

QOLスクール&Labo フェールマヴィ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-4373-8393

AEAJアロマテラピー資格以外のレッスンはこちら

faire ma vie