BLOGブログ

2018年02月08日

【恋する石けんStory】酒粕と柚子の石鹸

∟季節の石けん&アロマ 【スキンケア・ヘアケア】 【丁寧に暮らすこと】 【恋する石けんStory】末吉家の石けん 【恋する石けんStory】生徒さんの石けん







福島の大七酒造
純米大吟醸「箕輪門」

 

 

お酒の味わいを楽しみながら
酒粕と隣家からいただいた柚子を使った
「食べるスキンケア酒粕の会」という
1dayレッスンを久々に開催しました。▼▼▼

 

 

https://www.facebook.com/fairemavie/posts/955101217975329

 
レッスンでは、酒粕と柚子の石鹸に合わせた檜の香り。
とてもよい香りなので、例年この組み合わせ。


 






後日、自家用に作ったのがこちらの石鹸。▲▲▲
 

 

自家用には、気分を変えて
茴香種(フェンネルシード)とカミツレ花(カモミール)
を酒粕と柚子に合わせてみました。

 

 

香りが目的のデザインですが、
見ようによっては、蜘蛛がのっているみたい(苦笑)
そして、カモミールは、これだけでは香るほどには遠いもの。

 

 

・・・ですが、かえってフェンネルシードの香りがひきたって、
柚子と酒粕のアクセントとなっています。

 

 

フェンネルシードは、少量で
さわやかな香りが楽しめるので
おすすめしたい石鹸の使い方です。


 

 

バスルームで使うときは、
ハーブ部分を肌にすりつけて
ゴマージュみたいに使って、
1回分ぐらいでしょうか。

 

____________________________


酒粕化粧品



食べるスキンケア酒粕の会では、
石鹸作りの他に、
酒粕パックと酒粕化粧水(酒粕ローション)
を作って、スキンケアに役立てる方法を
お伝えしました。


 


以前、おシゴトでアロマボディケアサロンを
されていらっしゃる方が

 

「精油(アロマ)の香りは普段、仕事で
四六時中かいでいるからか、癒やされないんです。
酒粕の香りは、すごく癒やされます」
とおっしゃっていたことが印象的です。

 

酒粕は、効能効果も魅力的ですが、
慣れ親しんでいる香りからリセットして
脳にリフレシュの心地よい快感を
もたらしてくれるのでしょうね。


 

 


 







酒粕と柚子と檜の石鹸。
春1番が吹く頃に解禁日を迎える
生徒さん達の石けんです。▲▲▲





____________________________________________
恋する石けん入門コース
4月開講の本コースに向けて
3/14に体験レッスンと説明会を開催します。

体験レッスンという名ですが、
本コースの初回レッスンそのものを体験として
受講していただく内容です。
詳細案内はこちらをご覧下さい▼▼▼

https://kurashi-aroma.com/events/event/%E6%81%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E7%9F%B3%E3%81%91%E3%82%93%E5%85%A5%E9%96%80%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3


★人生とは日々の暮らしの積み重ね
人生の質をあげるQOLアップレターをお届けしています。
(毎週月曜日:QOLアップの言葉
毎週金曜日:アロマハーブライフスタイル)























QOLアップレター登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *










_____________________________________
★アトリエLineをはじめました。
お友達追加していただけたらうれしいです♪






CATEGORY

QOLスクール&Labo フェールマヴィ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-4373-8393

AEAJアロマテラピー資格以外のレッスンはこちら

faire ma vie