BLOGブログ

2017年04月15日

【恋する石けんStory&レシピ】フラワリーなアロエの石けん(桜の石鹸)

【Body&mindメンテナンス】 ∟暮らしの質を高める 【アトリエ(自宅サロン含む)のひとこま】 【丁寧に暮らすこと】 【恋する石けん®Story】 【暮らしアロマ&ハーブレシピ】







家からアトリエまでの行き帰りは、
桜のアーチを抜けていく・・・。

 

 

心臓破りの坂道も
この時期ばかりは、
心が華やぎます。

 

 

今の時期、1/3ほど葉桜になっていますが、
その時どきの姿にどうして
こんなにも心奪われるのでしょうね。

 

 

さて、先日娘が、
「ママの作る石鹸の香りって
わりとスカッとした、スッキリした香りで
いいとは思うけれど、いつも同じような感じ。
たまにはお花のようなあま~い香りの石鹸を
使ってみたい。」
というので、

 

 

フラワリーな香り、そして
アルカリに対して香りを壊されにくい
石鹸に残りやすいブレンドを考えました。

 

 








フラワリーな石鹸の香り
ブレンドレシピ(80 drops)

●プチグレン 3d
●レモン 5d
●ベルガモット 10d
●ライム 5d
●ガルバナム 2d
●ラベンダー 10d
●ゼラニウム 10d
●パルマローザ 10d
●ローズウッド 10d
●イランイラン 10d
●シダーウッド 3d
●パチュリ 2d




 

 



 

メインの石鹸は、鉢植えで育てている
アロエベラエキス入り。




 

冬の間に葉は、こんな風に赤みを帯びます。

 

外用で使用する場合は、
中の果肉(ゲル部分)だけを
私の場合、使用しています。

 

(外側の緑色の部分は、刺激成分が多いです。
とはいえ、外側の部分に血行促進作用があり
抜け毛予防など頭皮用に使いたいところ・・・。
使用したことがないので何とも言えません。)

 

収斂、保湿、創傷治癒促進、
抗菌、紫外線防御などの有用性が
言われ、

 

 

民間療法では
火傷、切り傷、虫刺されに
使われていますが、

 

化粧品原料としては、
「保湿剤」として
配合します。

 

 






果肉のゲル部分
(内側の皮と実の間もスプーンで
こそげながら取り出す)をミルサーにかけ、
メレンゲのようなフォーム状のジュースにします。

 

 

500gバッチサイズの石鹸に
アロエベラ7葉を使用。

 

 






薄いサーモンピンクの石鹸生地は、
化学反応によって生み出される自然な色。

 

 



 

昨夏~秋にかけて、生徒さんたちと、
またうちにホームステイにきたNicahと
沢山の透明な石鹸を作ったので、





カラフルな透明石鹸(着色剤使用)が
た~くさん残っています。
ピンクと紫色を取り出してきて
ペタンペタン遊びました。

 

 






これは、むか~しご紹介した
便利グッズです(デコ弁にもおすすめ→★★

 

 








アロエの石けんレシピ

●オリーブ油 200g
●ココナッツ油 125g
●パーム油 125g
●ひまし油 50g
●苛性ソーダ水溶液は、
溶媒は精製水のみ160gで作る
●アロエゲル 7葉分(トレース前に投入)
●精油はフラワリーブレンド(処方は上述)




 

 






西日を受けた桜。↑

家とアトリエの行きすがらの私のお気に入りの場所
夜は夜景がきれいなんですよ。 

 






桜の絨毯↑

 

 






近所の小学校の体育館に映る
桜の木のシルエット↑

 

 






昨晩は、夫と待ち合わせて
八芳園の夜桜を観てきました。
ライトアップが14日まで延長になっていたので
レッスンが終わって残務処理もそこそこに
急遽、その日行こう!と決行です。(笑)

 

 






さてさて、この香り。
娘のお気に召しますかしら。
1kgバッチもつくっちゃったもんね~^^

_____________________________________

●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓
■Facebookページ

11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

CATEGORY

ARCHIVE

QOLスクール&Labo フェールマヴィ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-4373-8393

AEAJアロマテラピー資格以外のレッスンはこちら

faire ma vie