【石けん学】石鹸の泡の色


Blog_0354

ローズマリー浸出液に
石鹸(小っちゃくなって使いづらくなったもの)
を溶かしたもの。

 
キッチン周りの
お掃除用に使っています。

 

 

石鹸は、赤茶色なのに、
泡は白色に見えるでしょう。

 

 

DSC_0108

こちらは、レッドパーム油を使って
カロチンモザイク石鹸と名付けた石鹸。
こちらも白色の泡ですね。

 

 

柿渋メンソール石けん

こちらは、加齢臭対策で作っている
夫用の柿渋石鹸。

 

夏は、メントール結晶を入れて
スースーした感触の石鹸に
しています。

こんなに濃い色の石鹸なのに、
泡立てると、やはり泡は
白色をしていますね。

 

 

 

恋する石鹸入門コースの
Lesson5の実習の石鹸は、
竹炭スワール石鹸なのですが、

 

Blog_5583

 

黒い泡が出てくるかと思いきや
真っ白な泡!!

 

 

不思議に思われた生徒さんから、
ご質問をいただきました。

 

 

「竹炭の石鹸は、黒いので
泡も黒だと思っていましたが
白いのはなぜでしょうか」

 

 

これは石鹸が
化学的に変化しているから
ではありません。

 

 

”色彩は「光」そのものである”
といった
アイザック・ニュートンの
言葉そのものが回答です。

 

色=光

 

 

光をたくさん出すもの、
反射するものは
私たちの目は
「白い」と認識します。

 

 

逆に、光を吸収するものは
「黒い」と認識するんです。

 

 

石鹸の泡は、
とても薄い膜でできていて

 

 

表面が非常になめらか。

 

 

したがって、
まんべんなく
光を反射するので

 

 

私たちの目が「白い」と
認識→脳が判断しているんですね。

 

 

 

いつでも白い泡の色の謎。

 

 

 

次回は、「石鹸の泡ってなに?」
という質問にお答えしま~す。

 

■・・・・・・・・・・■

ライフオーガニックレター
ご登録はこちらのバナーをクリック↓↓↓

 

 
●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆

like box

メルマガ登録

カテゴリー