【石けん学】石鹸の泡って何?


blog_0031

「恋する石けんR」
申請から半年以上かかりましたが、
registeredがつきました♪

 

セミナー、講座、執筆の「指定役務」と
石けんという「指定商品」の2区分の
「恋する石けん」という商標です。

 

 

以前よりちらほらと

「Faire ma vieを卒業したという
ことが、ブランドになる」

 

「HPのプロフィール欄に
ここ卒業とかけることが誇らしい」

 

 

なんておっしゃって
いただくようになり、

 

 

(こんな小さな教室でも
そんなお言葉をいただける日が
くるなんて!)

 

 

Rがつくことで、
卒業生の皆さんをバックアップ
できる教室(教室を開かれる方にとって
はくをつけてあげられるような)
になろう!という思いが
商標登録に至る、後押しになりました。

 

「恋する石けん」の
考え方を広めたい

 

 

それだけでは
不十分だったんです。

 

 

行動を起こす時って
そういった強いエネルギーが必要だ
ということを実感しました。

 

 

自分で申請し、
その途中でも
悩むこともありましたが、
(申請拒絶却下があり、
2度補正申請しています。
発明協会に何度も足を運び
相談にのっていただきました。)

 

 

無事に取得ができたことで
改めて初心を見つめ返し

 

その思いを両手で包み込みながら
これからも皆さんに
お伝えしていこうと思っています。

 

恋する石けんは、
アロマテラピーの考え方を
ベースに、

 

自分を含めた使う人のことを
まるごと見つめて(ホリスティックに)作るから
「恋する石けん」と呼んでいます。

 

そのための
基礎知識(キッチンにある材料で
各ご家庭の味なる石鹸作り)を
お伝えしているのが、
「恋する石けんメソッド」です。

 

さて、そんな恋する石けんを
受講くださっている方からの
ご質問です。

 

「石けんの泡って
なんですか?」

まず、石鹸の泡に限らず、
「泡」ってどういうときに
できるかをみてみましょう。

 

ただの水をパシャッ、パシャッと
激しくかき混ぜてみました。
(物理的力)↓

blog_0117

 

こんな風に↑気泡ができますね。

 

 

 

でも、この状態は維持されることなく、
すぐに消えてしまうのは、
普段の生活の中で
よく目にされることだと思います。

 

これは、液体の表面張力という
概念で説明できます。

_______________

液体の表面張力は、
1番安定した表面の状態を
常に保とうと働く!

________________

 

【表面の安定度】

泡がたっている状態泡がたっていない状態

泡がたっていない方が
表面が安定するので、

 

表面張力が働き、
泡を打ち破って平らになる。

 

恋する石鹸入門コースの
Lesson1では、
石鹸は、界面活性剤だということ、

 

またそれは
界面が存在する
油と水を例にあげれば

 

その界面の性質をかえて
油と水を混じりあわせるもの。
だと学習します。

 

つまり、
界面活性剤は、
表面張力を弱める働きがある。

______________

表面張力が弱まるということは、
水面に泡がたっても
それを破って、真っ平らな
状態(安定)に戻ろうとする
力が弱くなる。

_______________

ということ。

 

では、石鹸などの
界面活性剤が
水にとけていれば
泡ができるのでしょうか。

blog_0107

 

10omlのお湯にピンククレイの石鹸を
(左)大さじ1と(右)小さじ1/4
を溶かしたもの。

 

ただ溶かしただけでは、
泡はほとんどみられません。

blog_0112-crop

ペットボトルに入れて、
10回ずつふりふりしてみました。

 

しっかり角がたった濃厚な
泡ができました。

 

これは、
「フリフリする」攪拌の
物理的な力を加えたことで

 

石鹸水という液体の中に
空気がとりこまれ、
できた気泡。

 

 

それがたくさん集まることによって
安定したフォームのような泡に
なります。

 

 

それが「石鹸の泡」として
私達が認識しているものです。

 

 

blog_0126
30分後↑

 

シュワシュワとゆっくり泡が消えていく音。
液体の表面張力が弱いので
元に戻る時間がかかります。

(左)大さじ1の石鹸
(中)小さじ1/4の石鹸
(右)耳かき1程度の石鹸が入ったお湯

 

blog_0134

 

1時間後です。↑

 

1時間後には、右
すっかり泡がなくなりました。

 

 

このことから、
泡が出るためには、
水の中に十分な石鹸が
溶けていること

 

なおかつ
石鹸水の中に
十分な空気をとりこめるぐらい
の物理的な力が必要だということが
わかります。

 

*************

「石鹸の泡」とは何か・・・?

  

「石鹸+水」という液体の中に
空気がとりこまれたもの。

**************

DSC_8851

 

皆さんで、泡遊びしながら(笑)
ティータイムの食器を
洗ってくださった場面。
(自宅教室にて)

 

■・・・・・・・・・・■

ライフオーガニックレター
ご登録はこちらのバナーをクリック↓↓↓

 

 
●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆

like box

メルマガ登録

カテゴリー