アロマフェスタ2013


2.24-1

今月は、私にとってセミナーmonthで毎週末東京。
17日は所属しているAEAJの第15回会員のつどいに行ってきました。

まずは会員感謝sale会場。
たくさんの会社のエッセンシャルオイルやキャリアオイルなどのアロマ関連商品、
ハーブなど、一気にみてまわれるチャンス♪

生活の木、ニールズヤード、アロマスフィア、ライブラなどの大手は、朝早くから
長蛇の列でじっくり見ることもままならないのですが、(ほとんど売り切れになります)

こういった会社の製品は普段でもけっこう手にする機会があるので、
お目当てだけをつかんで(?)買い物済ませるのが得策。

会場ではネットでしか知らない会社(AEAJの法人会員)のエッセンシャルオイルの香りを
試したり、最近の動向や嗜好などあらゆる情報が入手できるので
気になったブースではパンフレットをもらってきました。

昨年は、オーストラリアの精油に出会いちょっとファンになったとこ。
今年ものぞいてきました。Aroma of Australia
とてもリーズナブルなエッセンシャルオイルで驚かれるかもしれませんが
しっかりした品質は、ロットごとの分析値、その生産管理法からみてとれます。

そうそう教室のアロマ講座で使う「レモンティートリー」は生徒さんたちに大人気♪
Lineのグループ名に「レモンティートリー」をつけていらっしゃるほど!

(みんなでラインでつながっているんですぅ♡って教えてくれたクラスが2つ。
4~5人1クラスで半年間の石けんベーシッククラスは、知らない方同士集まるのに
クラス外でおでかけするほど仲良くなるクラスも出てきました。)

トップ写真正面は、そんなレモンティートリーではなく、ラバンディン・グロッソ
(スパイクラベンダーと真正ラベンダーの交配種)
これがまたつきぬけるような清廉としたいい香りなのです♡

もう1本は、フレグラントアース社 のマンダリン・グリーンです。

2.24-2
セミナー会場↑では、カフェタイム(ランチボックスとコーヒー)にヒーリングコンサートがあり
バイオリン・ピアノ・パーカッションを交えた小栗久美子さんのトルン演奏に
セミナー前のゆったりとした時間を過ごしました。

2ショット写真は、生物学者の福岡先生と。

セミナー1:生物学者の福岡伸一先生の「生命の不思議」
香りの生物学に関して知っておくと有用ないくつかの事実を昆虫の話を交えて
とてもわかりやすく解説してくださっていました。
アロマセミナーらしい嗅覚の特殊性についての話や
「動的平衡」という先生の持論は、とても興味深かったです。

セミナー2:AEAJ理事でアロマセラピストの佐佐木景子さんの「私らしくアロマを仕事に」
どうやってアロマと関わり、仕事にしてきたかという
主婦でいらしたご自身の経験をたっぷり語ってくださり、これから、アロマセラピストを目指す方や
アロマを仕事にしたい方にとって、とても参考になる話だったと思います。

アロマはさまざまなフィールドで活かすことができ、
いろいろな切り口で展開できるもの。

100人いたら100様の展開の仕方がありそうです。
自分なりのアロマ道をもつこと、それが、世の中のニーズにあっていることは
「仕事とする」のなら必要なことかもしれません。

検定受験しました。合格しました。アドバイザー資格をとりました。
インストラクター資格をとりました。
これからどうしましょう?

私のところにもよく相談が寄せられます。

自分とアロマとの関わり方
ボランティア、ビジネス、趣味、楽しみ、自分にとっての癒し、知的好奇心、単なる資格保持

いろいろな思いがあって、試験を受けられたんだと思います。

その思いをもう少し掘り下げてみたときに
どんなご自分が見えるでしょうか?

その姿がきっと邪念のないご自分の本当に望んでいることかもしれません。

私もまだまだ発展途上の身ではありますが、
お役にたてることがありましたら幸いです。

この教室からアロマテラピーアドバイザー資格取得者が2ケタを超えました。
生徒さん達のご相談には引き続き応じさせていただきますので
ご遠慮なくお声をおかけください。


like box

メルマガ登録

カテゴリー