アロマフェスタ2012<セミナー>


2.28-5

(社)アロマ環境協会 会員のつどい アロマフェスタ2012

セミナー始まる前のヒーリングコンサート♪ 

いちむじんデュオ 

そうあの「竜馬伝」のエンディングに流れていた

クラシックギターの曲はこの方たちの演奏。

「いちむじん」とは高知弁で「一生懸命」だとか。

今年のテーマは~植物の香りと共に心地よい暮らしを~

セミナー1.「英国のハーブガーデニング」

       講師 吉谷桂子先生

セミナー2.「私のライフステージとアロマテラピー~活用法とエビデンス~」

       講師 熊谷千津先生

セミナー1では、英国の素敵なお庭のスライドをみながら

すっかりご無沙汰していたガーデニング熱がめらめら。

春から・・・と思いますが、はじめてやる人は秋からがおすすめですって。

春からはじめると、すぐに過酷な夏がきて、楽しめる期間が短いことが理由。

秋からだと、夏まで半年ぐらいありますものね。

また、生の葉や花を手で触れ、香りを嗅いだり

土に触れながら育てる喜びを感じることや

庭作りの結果を求めるのではなく、そのプロセスを慈しみ楽しむことが大切だというお話は

心にストンと落ちてきます。

その他印象に残っているのはお花には妖精がいて、

その花の精は、自分と同じ色に微笑むといわれ、

お庭に出るときはそのお花の色の洋服を着て出られるんだそうです。

セミナー2では、熊谷先生ご自身がどのように

ご自分なりのアロマテラピーを展開していったかという話に始まり、

薬科大学の研究生としてさまざまなエビデンスを取り、その内容の報告は

精油が働きかける自然治癒力を確かに印象付けるものばかり。

アロマテラピーにもっともっと自信がもてるはずです。

アロマセラピストとして大切なこと。

自立・継続・成長・笑顔

いつまでも心にとどめておきたい言葉です。

2.28-6
カフェタイムにいただいたランチボックス

ローズマリー風味のパンサンド、きのことハーブのキッシュ、

カレー風味のピクルス、ポテトサラダ、フルーツ、ヨーグルトムース

カモミールティーと一緒に。

次回はお買いもの編へ続きます


like box

メルマガ登録

カテゴリー