【素材】体臭対策石けんに使っている柿渋のこと


blog_0058

今、ようやく6月のレッスンレポートに
着手しようとして(9月も終わるのに・・・)
写真を整理しています。(汗)

 

5~6月に作り始める
夏用の「パパの石けん」で、
柿渋とメントールを
いれて作るですが、

 

柿渋(抗菌と消臭)
メントール(スースーした感触)

 

京都にある
トミヤマの柿渋
マイルドタイプを
使っています。
HP(→★★

 

 

 

blog_0061

自宅レッスンで作っていただいた
柿渋スースー石けん

 

柿渋とは、渋柿の青い未熟果を潰し、
圧搾してできる液体を発酵させて
作られ、独特のにおいがあります。

 

昔から木・布・紙等の染料や
補強剤・防腐剤・防水剤として使われ、

 

 

民間療法では、
血圧降下剤・やけど
しもやけ・二日酔い防止・
毒蛇等の蛋白毒の中和や
お酒の清澄剤として利用。

 

含まれる成分:柿タンニンに
防臭効果(加齢臭のノネナールや
足の裏の臭いイソ吉草酸、
汗の臭い酢酸)が知られていることから

 

各社、医薬部外品(有効成分は
グリチルリチン酸など)で

石鹸を出しています。

 

 

blog_0201

その柿渋を上層に使い
下層は桜葉エキスを抽出して

2層で作った石けん



blog_0122

メガネを表現しているところは、
透明石けんをこんな風に
クルクルにまいていれています。

 

 

柿渋メンソール石けん

シェービング用にも
夫が使っています。

 

来年は、夫の実家の柿で
柿渋から作ってみたいなぁ・・・
なんて画策中です♪

 

(8月の中旬ぐらいの
青柿がタンニンの含有量が
1番多いんですって!)

 

私の方の実家でも
大きな柿の木があったのですが、

 

庭のリフォームの時に
なくなくさようならを
していました。

 
柿

懐かしい写真

 

 

BBQ

ちなみに今は、
柿の木があったところは
BBQ炉になっています♪
(写真は、妹と一緒に。)

 

BBQ炉の裏には
た~んまりとドクダミが^^!

 

6月は大喜びで
かりとる役目です。(笑)

 

石けんAdvanceコースの
卒業パーティーは、
今年は、全クラス合同で
こちらで開催します。

 

さて、その柿渋の作り方ですが
こちらに詳しく出ています。(→★★

 

これを見たらやってみたくて
ウズウズです^^♪

 

・・・・・・・・

◆石けんBasicコース
 12月開講!
 申込み受付開始(→★★

 

◆石けんちょこっと彫りレッスン
募集中→(★★

 

 

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー