【暮らしアロマ】蚊をよせつけない工夫


o0374056410636456791

 今朝の収穫:レモングラス
(虫よけハーブのひとつ)

 

今日(23日)の日経プラスワンの記事
ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

 

 

日経記者が生活に関連したことを
体をはって、
実験・実証を試し
読者にわかりやすく伝えてくれる

 

「とことん試します」

 

毎週土曜日
楽しみにしているひとつ。

 

 

日本には蚊が 100種類 ほどいて
そのうちの 30種類 ほどが
人をさすのだとか。

 

 

実験は、
1.どんな人が刺されやすいのか?
2.蚊が嫌うものは何か?

 

という2つの観点から
体をはって探る!というもの(笑)。

 

【実験と結果】

場所:蚊が多そうな近所の公園
恰好:半袖短パン

 

①早朝に(体温35.5度)
じっと座ったままの状態。
➠3匹がフラフラと寄ってくるのみ

 

②少し走って汗をかき、
体温をあげる。
➠10匹ほどまとわりつく。

 

③体温を上げた状態でベンチに座り、
蚊に刺されにくい条件を試す。
(30分間によってくる蚊の数で比較)

⇩⇩⇩

◆汗をこまめにふく
➠46匹

◆ベビーパウダーで汗を抑える
➠40匹

◆うちわであおぎ続ける
➠47匹

◆汗を含んだ黒シャツとリュックを近くにおく
➠23匹

◆ビールを周囲におく
➠34匹

◆市販の虫よけスプレー
➠2匹

◆前日にニンニクを食べ
皮膚にもこすりつける

➠集まり過ぎて計測できず

◆薄めた木酢液をまく
➠38匹

◆レモンの皮を皮膚にこすりつける
➠27匹

◆レモン果汁を塗る
➠33匹

◆アロマスプレー1回塗布
➠シトロネラ21匹、ラベンダー29匹、
ゼラニウム20匹、ミント28匹

◆アロマスプレー4回塗布
➠シトロネラ8匹

◆ミントガムを食べる
➠集まり過ぎて計測できず

 

【結果から得られたこと】

1.どんな人が刺されやすいのか

汗・皮脂・飲酒・黒い服(きている人)
がキーワード。
蚊は、高い体温、汗に含まれる乳酸と水分、
二酸化炭素、
皮脂をめがけて寄っていく。


(蚊の好み:体温が高くて汗かきの人)

 

飲酒後は、吐く息に
二酸化炭素が増えて恰好の標的。

 

2.蚊が嫌うものは何か

No.1 市販の虫よけスプレー
DEETなどの化学物質が主成分ですが、
有害性については、皆様もよく御存じですよね。
(厚労省検討会→★★

 

No.2 アロマスプレー4回塗布。
1回のみの噴霧では、
まったく効果がないにも関わらず
30分に4回という噴霧頻度を
上げることで効果
あり。

 

3.まとめ

●蚊が汗が好きとはいっても
流れている最中は、
肌への着地に滑るので刺されにくい。
汗が気化したとき要注意。

 

●アロマスプレーの
効果持続時間は2時間程度。
こまめな噴霧が
蚊よけにつながる
との結果。


★…★…★

 

いかがでしたか?
この結果から、
虫よけのために使う精油は、
単独で使うよりいくつかを組み合わせて
ブレンドし、こまめに噴射することで
効果が得られることがわかります。

 

蚊が嫌いな成分をもつ精油
ラベンダー、シトロネラ、ゼラニウム、
ペパーミント、レモンユーカリ、レモングラスなど。

 

ヒバ、ハッカなどの
和精油もおすすめです。

 

【作り方】
100mlスプレー瓶
5ml 無水エタノールに
精油合計 20滴をよく混ぜる。
精製水95mlを加えて振り混ぜてできあがり。
スプレー前に毎回よくふってからお使いください。

 

(3歳未満の乳幼児の使用、敏感肌の方
その他、注意事項を割愛していますので
このレシピを参考になさる場合には、
自己責任の上お願いいたします。
ご質問はお気軽にどうぞ。
個別にアドバイスさせていただきます。)

 

 

昨年は、キッズアロマでもご紹介し、
キッズの石鹸作りの合間に
ママたちに作ってもらいました。

 

t02200332_0374056410666404208t02200332_0374056410666404651
今年もキッズアロマ
連続レッスン楽しんでいま~す。
(キッズアロマは、Blog募集はしておらず、
生徒さん達のお子様たちと開催しています。)

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー