【手作り石けん・教室運営】情報の取捨選択


blog_0122

【父の日というイメージビジュアル+
内容成分:桜葉&柿渋の
メントール石けん作業中】

 

*****

 

今の世の中、
ありとあらゆる情報で
満ち溢れていて、

 

ともするとその渦に
のまれてしまいそうになる・・・。

 

そして、あるモノの中から
選びたくても選べない
自分にとって必要なものが
わからなくなることが
あるかもしれません。

 

たとえば、10種類ある
お菓子の中から
1つを選ぶのと

 

3種類の中から選ぶのとでは
後者の方が、選びやすいですよね。

 

手作り石けんの原材料も
水・アルカリ・油といった
シンプルなものから、
植物から抽出した有効成分などに
至るまで実に多様性があり

 

それが自由に
組み合わせられることが

魅力の1つでも
あるのだけれど、

 

 

体質・肌質・年齢・性別
生活環境・嗜好など
1人1人が全然違い、

 

多くの人がいいというものが
自分にとって必要なものか
合うものかわかりません。

 

 

 

「そのコト、モノ、ヒトを
よく知っていること」が
(よく観察すること)

 

石けんのレシピを作ることにおいて
自由自在に調整できるスキル
つながるんだと思っています。

 

 

blog_0127

季節ごとに 気分によって
自分の肌にあった石けん、

 

ホームセラピストとして
家族のスキンケア
精神的な意味合いも含めた
メンテナンスのための石けん

 

毎日使う石けんだから、
どの化粧品よりも
1番はじめに使うものだから

 

自分の目と体験から得られた
結果と記録で自信をもって
レシピをつくれる・・・

 

そんな素材選び
調整力

 

Faire ma vie
アドバンスコースの特徴です。

 

認定教室(→★★)による
同内容の講座も
折り返しを過ぎました。

 

 

Faire ma vie卒業生も
そのまたレッスン生と

五感を深めながら
共に成長されている日々、
私も然り。

 

 

*****

「知は力なり」
「道を伝えて己を伝えず」

 

先日、久方ぶりに会合(笑)した
エアライン個人スクールを
経営している純子ちゃん(→★★
から受け取った言葉。
(会えば、山の話が多いんですが・・・)

 

自宅スクールにおいて
たった1人でたくさんの生徒さんを抱え、
1人1人に真摯に向き合う姿勢、
きめ細かいメンタルのケアまで

 

合格率という数字が
物語る
表に見えないヒストリー

 

運動会の大玉送りに出てくる
あの玉の中につめても
入りきらないほどのものを

 

1人で動かしている
純子ちゃんの言葉

 

響きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー