【ユキノシタ】紫外線が気になる季節の化粧水を作る♪


yukinoshita

⦅ユキノシタ⦆

鹿児島のotto実家で
のびのびと育ったユキノシタが親。
鉢植えで育てています。

 

寄せ植えのグラウンドカバー
に使ったり、その恵みをちょこっと
いただいて、石けんやコスメ作りに
使ったりしています。

 

 

blog_0102

今月の石けんアドバンスコースは、
Lesson7「生薬の会」
ユキノシタは、はずせません。

 

石けんも化粧水も・・・。

 

 

yukinoshita

【ユキノシタの名前の由来】

「冬、雪の下でも枯れない」
「白い花を雪にたとえ、その下に緑がある」
ということから。

 

学名のsaxifragaceaeには、
石「saxun」を砕く「fragera」
という意味がありますが

 

岩場によく
生育しているからでしょうか。

 

 

さらに葉が虎の耳の形に
似ているため、
中国では虎耳草と
よばれています。

 

【ユキノシタに含まれる成分と性質】
硝酸カリウム、塩化カリウム:利尿作用
アルブチン:メラニンの合成抑制作用
ベルゲニン:抗酸化作用
など

 

「アルブチン」は、
メラニン合成に関わる酵素チロシナーゼに
直接作用し、メラニンの合成を阻害するため

 

美白をうたった化粧品の多くに
有効成分として処方されています。

 

天然由来としては、
このユキノシタだけでなく、
ウワウルシやコケモモ
梨にも含まれています。

 

 

また、ユキノシタの全草エキスは、
紫外線がもたらす活性酸素によるDNA障害の
修復を促進する効果が報告されているので

 

自家用で作って使えば、
ホームケアができていいですよね♪

ユキノシタ化粧水

それでは、作り方です。

 

1.チンキ剤の作製
消毒した瓶にユキノシタ10g(ミルで細かくして)
を瓶に入れ、100gのウォッカ
(アルコール度数35~40度)を注ぐ。

 

(サロンでは、アルコール度数の
違いで溶液の色が異なることを
みていただきました。)

 

2.約2週間、毎日瓶をふって
成分を浸出させる。

 

3.約2週間後チンキ完成
ろ過する。(濾す。)

 

4.パッチテスト

 

5.パッチテストOKならば
チンキ:精製水
または芳香蒸留水
1:2~3の割合で
希釈してできあがり。

 

(パッチテストは、最後の段階でも
いいと思いますが、
積極的な濃度での化粧水のご紹介なので
チンキの状態でまずパッチテスト
してから、希釈して使うことを
おすすめしています。)

 

blog_ユキノシタ化粧水

お好みにより、
グリセリンを加えて
保湿力をアップさせてください。

 

※参考にされる場合は、
手作り化粧品の注意事項を
よくご理解の上、
自己責任でお願いいたします。

 

*生徒様方には
今年もユキノシタ
ポットに植え付けた苗を
いくつかお分けできそうです^^

 

 

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

室Facebookページ

■募集中のレッスン■
◆柿渋スースー石けんワークショップ
オーガニックプレートランチ付きレッスン
5/25(月)10:00~自由が丘fete cafe
会費 6,000円
お申込み fairemavie.aroma@gmail.comまで
5月開講 石けんBasicコース
 募集中(→★★
◆6月開講
アロマテラピーベーシックコース
(AEAJアロマテラピーアドバイザー対応)
募集中(→★★

 

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー