【石けん雑学】キャスティール石けんとアレッポの石けん


Blog_4822

生徒さん(→★★)が作った
オリーブ石けん。

 

ご自宅のお庭の紫陽花を
ドライフラワーにしたものを
石けんのトップにチョコン♡って
あしらって・・・。

 

なんてかわいい♡

 

Blog_4821

ところで、オリーブオイル
100%の石けんを

 

「キャスティール石けん」

 

って呼んでいますが、
キャスティールって何でしょう?

 

石けんBasicコースの初回レッスンで
「歴史的石けんを作る」といテーマで
レッスンをさせていただいていますが、

 

そこで取り上げているお話です。

 

古代スペインの地名カスティージャ地方で
(カスティーリャと発音したりも。)
発展したオリーブオイル100%の石けん。

 

その石けん技法がフランスに伝わって
マルセイユ地方で発展した
オリーブオイルメインの石けんは
マルセイユ石けんです。

 

(厳密には、マルセイユ石鹸と
呼べるのは厳しい条件を
クリアしたものだけですが。)

 

そんな歴史的石けんの
キャスティール石けんですが、

 

もともとは、あの高級石けんの
代名詞のような
「アレッポの石けん」が起源と
いわれています。

 

 

Blog_4823

【アレッポの石けんとは?】
十字軍遠征で
異教の地へ赴いた兵士が
持ち帰ったものに

 

書物、学問、ハーブ&スパイス、
などなど色々あった中で
石けんも例外ではなく・・・。

 

それは
オリーブオイルとローレルオイルで
作られた石けん!
それが「アレッポの石けん」です。

 

シリアのアレッポという
都市の

 

オリーブオイル(シリア産)と
ローレルオイル
(シリアの上部に位置するトルコ産)
を使った石けん作り。

 

当時のヨーロッパでは、
ローレル(月桂樹)オイルが
入手困難だったため、

 

高品質なオリーブオイルだけを使って
石鹸を作るようになり、
スペインの先に述べた地方で
発展した「キャスティール石鹸」が誕生。

 

この石けんのスキンケア効果は
とても優れている反面

 

泡がほとんど立たない
溶け崩れしやすく、
やわらかい

 

それでも、1度は
作ってみる価値ありです。

 

歴史は、基本を
形作っていると思うから。

 

そこに原理がある♡

 

私は、初めて作ったとき、
「案外、いいな」って
思いました☆

 

湯シャン
(お湯シャンプー:お湯だけで髪の地肌を洗うこと)
していらっしゃる生徒さんは
汗をかいた日はこのキャスティール石けんを
使っていらっしゃり、

 

湯シャン派には、
マルセイユ石鹸より
キャスティール石けんが
合うっていう、意見が多い
Faire ma vieサロン教室内。

 

皆様はいかがですか?

 

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

室Facebookページ

■募集中のレッスン■
◆新しい春にふさわしい私の「香り」を作りましょう
オーガニックプレートランチ付きレッスン
4/20(月)10:00~自由が丘fete cafe
詳細(→★★
5月開講 石けんBasicコース
 募集中(→★★
◆アロマ&ハーブの手のトータルケアレッスン
ハンドクリーム作り他
4/30(木)10:30~
ダイワハウスサロンみなとみらい展示場
詳細(→★★

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー