【恋する石けんStory】羊年の新年の石けん


Blog_5832

「自分」というものを
石けんにしたならば
こんな感じかな・・・。
(私は犬年だけど^^)

 

生薬の石けんです。(笑)

 

じっくりゆっくり
お相手に作用して
メンテナンスする存在
(教室の講師セラピストとして)

 

使用油脂は、オリーブオイルをメインに
ココナッツオイル、米ぬか油、サルバター
(数あるバターの中で1番好きなバターで
教室ではムルムルバターと争う人気もの!)

 

生薬の紫根とヨクイニンを使って
有効成分を抽出し、
ゴートミルクと竹炭を加えました。

(これで洗顔すると
つっぱらず、肌がワントーン明るくなる♪)

 

blog_5853

羊年の新年をお祝いし、
金箔をのせて♪

 

香りをわけてほしいと人気があった
(クリスマスの石けんの時に使ったもの)
教室のオリジナルブレンド
「Mystic Beauty」を
石けんの香りづけに使いました。

 

DSC_5928-crop

原液の香りから、
石けんにしたときの香りは
日を追うごとに変化をし、
2,3週間たったころが1番響く。

 

そして4週間後、
いよいよ解禁というころに、

 

なめらかな石けんの使い心地に
身をゆだねていると

 

泡に包まれて一気に
その表情を発揮する
香りの魅力・・・。

 

「美しさ」って
表に出た華やかなものもありますが
内側から漂うような神秘的な美しさ

 

そういうものに憧れています。

 

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

 

■募集中のレッスン
ナチュラルコスメレッスン
(ダイワハウスサロン講座)
1月30日 10:30~12:00
詳細(→★★

 

 

 

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー