【恋する石けんStory】雪の日のマルセイユ石けん


DSC_5775

元旦の横浜・・・
雪がぱらつく寒い日でしたね。

 

朝、神棚にお水とお酒を
お供えするのと並んで

 

新しい石けんをおろすのに、
予定していたものがあったのですが、
急遽、雪模様の石けんにしました♪

 

(アトピーの妹が私の石けんの愛用者のひとり。
この模様の石けんが次回お渡し分でストック
していたの、すごい偶然!)

 

洗面所に1番に立った
夫が、「あっ♪・・・」って
「2つあるけど、どっち使えばいいの?」

 

「娘を起こしてどっちにするか
聞いてみて!」

 

そんなやりとりから始まりました。

 

・・・でどちらの雪柄を
選んだのでしょうね。

 

(私は、両方使える権利あり^^
そのうちわからなくなって
同化しちゃう運命だけれど。)

 

Blog_5810

朝起きて、おろしたての石けんで
手を洗い、顔を洗い

 

ふっと手の平を鼻に近づけてみる・・・
ローズウッド・パイン・レモングラス・ラベンダー
レモン・パチュリの香りがいいあんばい。

 

石けんが熟成するごとに
それに息を合わせるかのような香り。

 

オリーブオイルを72%配合した
定番のSavon de Marseille
(妹が好きな石けんです。)

 

手のひらに何度も
鼻を近づけたくなるような香りに包まれ、
小気味いい呼吸のリズムを感じながら
幸せな2015年の初日の朝を迎えました。

 

blog_5820

【大晦日~元旦の
末吉家の行動振り返り】

 

大晦日の紅白が終わって
「ゆく年くる年」に
切り替わったそのとき、

 

コートにくるまり、
近くの神社に初詣へ行くのが
おきまりになっています。

 

長蛇の列☆
ボーイスカウトの子達が
ロープを持って
参拝者の私たちを誘導。
(ありがとうございました。)

 

いつものことながら
帰宅したら1時半!!

 

睡眠をとって
9時に2駅離れた実家に
皆、集合~♪♪

blog_5634
【ウェルカムテーブル】

まだ子供なので
きちんとしたってわからないとか、
汚すからとか
そういう観念がなく、

 

むしろ小さい時から
要所要所で改まった雰囲気を
体験させたほうがいいと。byグランマ
大人と同じテーブルに子供たちも。

 

blog_5688

朝9時から新年のお祝い膳を
3家族そろっていただきました。

 

(センターピースのお花は、
お料理の邪魔にならないように
小さいものにチェンジ)

 

blog_5715

(こかいじゅう2の姿が写っていますが
こうしてみると、おしとやかに見えるなぁ。)

 

キッチンは、朝4時半から始動。
(31日は、私もお手伝いに。
でも、前日は下ごしらえだけなので
当日の母の忙しさといったら・・・。)

 

Blog_5709

毎年恒例のこの風景。
そういえているうちに、
習っとかなくちゃと思いつつ・・・。
食べる専門(笑)

 

いつかは、私もこんな元旦を
しきるように
なるのだろうか・・・。

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

 

■募集中のレッスン
ナチュラルコスメレッスン
(ダイワハウスサロン講座)
1月30日 10:30~12:00
詳細(→★★

like box

メルマガ登録

カテゴリー