カラーで選べる琉球ガラスアロマペンダント


 

Blog_4326

琉球ガラスのアロマペンダント
(エンジ色・チョーカータイプ。)

「似合いそうな色・・・」
といって、お嬢さんと一緒に
選んでくださいました。
(うれしかったです♪)

 

ペンダントの中央の空洞に入った
取り替え式の専用パッドに
スポイドで好みのアロマを
ポトポトポト・・・

 

はっ~♡
いい香り~♪

 

旭川にある
こちらのお教室で
販売されています。(→★★

 

キレイな色の琉球ガラスが
たくさんあって、
香りとの相乗効果が期待できそう♪♪

 

アロマもカラーも
つながっていますものね。

 

素敵なアロマペンダントを
ありがとうございました!!
Blog_4337

 

エッセンシャルオイル(精油)による
心身への作用経路の1つ

 

「芳香浴」

 

精油成分が嗅覚を通して
大脳へ働きかけること。

 

アロマテラピー検定の
学習でも出てきますが、
嗅覚は、他の感覚とは
異なる特殊性があります。

 

それは、理性の脳” といわれる
大脳新皮質」を経由せず、
ダイレクトに ”本能の脳” といわれる
「大脳辺縁系」に達するということ。

 

 

この大脳辺縁系には、
扁桃体(外部から情報や刺激を受けて
情動反応を起こす)や
海馬(記憶の貯蔵管理)、
視床下部(自律神経の中枢)などがあり

 

身体の機能を調整することをはじめ
楽しい記憶をひきだしたり、
気持が落ち着いたり
リラックスしたりできます。

 

つまり、
”判断したりする「脳」”ではなく、
”心身に直接影響を与える「脳」”に
働きかける精油成分伝達経路です。

 

このアロマペンダントで
その芳香浴を楽しみたいと思います♪

 

・・・・・・・・
DSC_3945
AKALIKOのレモングラスの精油。

 

AKALIKO アカリコ
「時間にとらわれない・永遠の」
という意味がある
スパ王国タイの有名ブランド

 

バンコクやプーケットに店舗が
あります。(→★★

 

バンコクは一度
行ったことがありますが、
子連れだったので
こういうところに
行けず、また知る機会もなく
初めての出会い♪

 

今回、
八王子でアロマセラピストとして
そして、教室をされている
荒真理子さん(→★★)に
教えていただきました。

 

(真理子さんは、Faire ma vie卒業生で
来年春以降、認定講座を開催予定です。)

 

このレモングラス
どっしりと落ち着いた
すばらしい香りです。

 

レモングラスは、
香りのノートでいうと、
トップノート(~ミドル)ですが

 

このレモングラスは
トップ~ミドル~ベースノートまでの
奥行があるような
深みを感じます。

 

香りをブレンドするときって、
1滴で印象がぐっと変わります。

 

特に、石けん作りで香料として使う
精油の組み合わせによるブレンドを考えるとき
同じレモングラスでも、どこのものを使うかで
全く別の香りができあがるから不思議。

 

ブレンドするときは、
細かく、記録していくことが大切ですね。

 

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

室F

acebookページ

■手作り石けんコースのお知らせ■
◆初めての手作り石けんベーシックコース+α暮らしアロマレッスン2015年 1月~6月期 (→★★

 

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー