金木犀の蒸留水


blog_3920

金木犀の蒸留水(フローラルウォーター)
をいただきました♪
(ご自宅近辺のキンモクセイを大量に集めて
蒸留されたんだそうです。)

 

 

その時の様子を身振り手振りで
お話くださったのですが、

楽しくて、楽しくて☆

 

(人生の先輩でいらっしゃいますが、
そのお茶目っぷりが
笑いを誘い、癒してくださいます)

 

DSC_3918

香りは、あのキンモクセイの香りは
まったくなくて、

 

 

どことなくバニラに似た
あま~いおいしそうな香りがします。

 

 

どうしても、キンモクセイの香りを
抽出したいから・・・と
エタノール抽出も試みられたそうですが、
こちらもいまひとつとのことでした。

 

 

そこで、長島先生に
おうかがいしたところ、
(長島先生、ありがとうございました。)

 

 

キンモクセイは咲いている時は強く香るけれど、
摘んだ後は香りが急速に弱くなるので、
蒸留や抽出をしても香りが取れにくいとのこと。

 


エタノールを容器に入れて、
咲いている花を直接漬ける
という方法もあるそうですが、

 

 

これも残酷環境(!)の整った
実験室レベルでは可能でも、
家庭でこの花の香りそのものを
抽出するのは、難しいようです。

 

 

工業的には、花からヘキサンで抽出し、
その後、エタノールでアブソリュートにする。)

 

 

蒸留水は、少し、グリセリンを足して、
Sさんお勧めのスキンローションとして
使わせていただきます♪
(ありがとうございました!!)

 

 

kinmokusei

教室は、菊名・大倉山の両駅から
どちらも坂道の道のりですが、

 

 

大倉山からこられる方は、
ちょうど左手の街路樹が
金木犀の並木になっています。

 

 

ゆっくりと香りを楽しみながら
のぼっていらしてみてくださいね♪

 

 

今日もこれから
気を付けていらしてください。
お待ちしております!!

 

・・・・・・・・・・・・・

★AEAJ文化委員として活動させていただいていた時
神代植物園に会員の皆様を引率させていただいたときの
金木犀の記事です。(→★★

 

★「花の蒸留水」=フローラルウォーター
蒸留器がなくても、家庭でもお鍋で
簡単に蒸留水をとることができます。(→★★

 

 

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

室F

■ダイワハウスサロン講座
 ナチュラルアロマコスメ入門
ふわっもちクレンジングクリーム作り
詳細(→★★
■1dayレッスンのお知らせ■
募集要項(→★★
10月 満席 「栗渋と蜜の石けん」 「練香水」
11月 満席 ⇒ 11/5追加クラス決定! 残1「紫根のクリスマスソープ」 「聖なる香りのナイトクリーム」

acebookページ

■手作り石けんコースのお知らせ■
◆初めての手作り石けんベーシックコース+α暮らしアロマレッスン 10月~3月期 (→★★満席となりました。
◆手作り石けん経験者向けHSA認定石けんマイスター養成講座 全2回  いつからでもどうぞ。
◆手作り石けんアドバンスコース(→★★11月~2015年10月

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー