【レッスンレポート8月ー3】AEAJアロマテラピーアドバイザー講習会とアロマ検定講座


DSC_0030

アロマ検定コースレッスンの最終回
Lesson6 「アロマテラピーと環境、関連法規」

 

 

環境問題としての「におい」
「におい環境」 「香り環境」

 

 

「心地よい香りとは草花や樹木からの香り・・・」
1996年に環境省が実施した調査により
このような回答が1番多かったそうです。

 

 

 

自然環境の保全が
心地よい香りのある環境に

通じています。

 

 

毎日の生活で香りある豊かな環境を実感し、
その源である植物のすばらしさと恵みを知り、
さらには地球環境の保全に思いを馳せる・・・

 

 

アロマテラピーレッスンでは、
精油(エッセンシャルオイル)を使いますが、
その恩恵は、植物(ハーブ)からいただいています。

 

 

知識をいかして、
植物の香りを楽しみ、植物を守り育て、
環境に優しい行動をすること。

 

 

「健康や美容に役立てる」ことの他に
大切な基盤だと思っています。

 

 

こうしてレッスンさせていただくたびに、
受講者の皆様と一緒に考えながら
常に心に、その気持ちを忘れずにおいておける環境に
ありがたい気持ちでいっぱいです!!

 

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

 

関連法規では、
薬事法、PL法、あはき法、医師法、消防法のこと。

 

 

精油を扱うアロマテラピーでは、
精油は、「雑貨」という扱いになるため、
薬事法の規制は受けませんが、

 

 

精油を使ったコスメクラフトなどは、
化粧品、医薬部外品製造となるので、
薬事法規制の対象です。

 

 

今、デング熱で大騒ぎ中ですが、
精油を使った「虫よけスプレー」も然り。
(医薬品、医薬部外品に該当)

 

 

 

個人が自分で使うため、楽しむために作るのは、
規制は受けませんが、
それ以外は、注意が必要です。

 

 

特に「プレゼント」は渡す相手をよく考えて。
「自己責任で」と言えども何かあった時

PL法は関わってきます。)
(プレゼントは、身体に使用しないものなら気軽ですね。)

 

 

 

座学の後のアロマクラフトは、
ハーブを使って、精油を使って・・・。

 

 

歴史のところでも、
精油のプロフィール「ローズマリー」のところでも
登場した「若返りの水」といわれる
「ハンガリアンウォーター」を作っていただきました。

 

 

DSC_0010

後からは、3時間の
アロマテラピー認定講習会を開催しました。

 

 

カリキュラムの関係上、
検定受験よりも前に
受講されることになる方もいらっしゃいますが、

 

 

アロマ検定1級合格後、AEAJに入会し、
(AEAJ入会は、いつでも可能)
履修証明書をご提出くださいませ。

 

 

来月は、リクエストをいただきまして、
検定対策講座で模擬試験を開催しま~す!

 

*************************************************************

【お知らせ】

☆3か月に1度の特別講座(→★★
9月18日(木)13:00~15:30
香料専門家長島司先生(Prof.長島)による聞香体験講座
いくつかの沈香の聞き比べや他の香りの聞香体験をしながら、
お香の種類や文化、そして少しサイエンスのお話。

和の香りと薫香の楽しさを体験していただけます♪

 

☆初めての手作り石けん
ベーシックコース+α暮らしアロマレッスン
10月~3月期 募集開始しました。(→★★満席となりました。

 

☆手作り石けん経験者向け
HSA認定石けんマイスター養成講座 全2回
10月&11月 募集開始しました。(→★★残1

 

 

【教室Facebookページ】 ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
▼▼▼▼▼
https://www.facebook.com/fairemavie

( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー