ガーデニングは土作りから。

【ガーデン】|2012/07/14 posted.

tuti1
我が家のブラックベリーとブルーベリー 

 

ちょっとずつですが3日に1度これぐらい採れます。
植物を育てていて思うのは、自分は生かされているということ。
地球環境、生態系の源は植物たち。

先日、小学生の低学年の子達に
植物の話をする機会がありました。
食物連鎖を絡めて、お話したのですが、

 

普段、大人を相手にレッスンをしているので
うまく伝えられたか疑問です。

 

どれだけ噛み砕いて話せるか・・・
これからの課題だなぁ。

 
tuti2

落ち葉や枯れた花と処理機にかけた生ゴミを
土と混ぜて発酵させ、 Click→腐葉土 を作っています。

(本当は、土の上において底がない容器がいいのです。)

 

 

 

 

次の写真は、虫がダメな人は見ないでくださいね。
土を作るためには、ミミズ君や微生物の存在が不可欠・・・

 

tuti3

ミミズをわざわざ入れているわけではないのですよ。
もともとの土にいた小さなミミズが生ゴミを分解してくれて
どんどんふくよかな体型になりながら(笑)、

 

栄養分たっぷりの
ふっくらとした土づくりをしてくれます。

 

植物を育てることは、
太陽、土、水、温度、季節といった自然が相手。

 


手をかけすぎず、放置しすぎず・・・
その距離感と強引に引っ張ることができない時間のかかることが

 

子育てに似ているような気がします。

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー