生ごみ堆肥を使ったガーデニング

【ガーデン】|2012/05/24 posted.

gomi1


【左半分】
乾燥させた生ごみを入れたばかり。
【右半分】
時間がたって発酵している状態)

 

画像が画像なので、
ブログに出すのは初めてですが、
生ゴミ堆肥で庭木や
鉢物を育てています。

 

 

ガーニングの記事をよくかくので、
ひろ~いお庭を想像されている方が
少なくないと思いますが、

 

(はじめていらっしゃる生徒様に、
庭の前にいながらお庭はどこですか?って。
聞かれたことがあるくらいです。)

 

一般のマンションのベランダの
スペースより狭いぐらいの場所。

 

 

 植物たちが
身を寄せ合って(笑)
私たち家族とともにある
そんな感じです。

 

そこに生ゴミで作った
堆肥を使っています。

 



gomi2gomi3

7~8年前に購入した
生ゴミ処理機は現役でフル活動。

 

そのときは、公的な補助が
2万円まで出いてたので
それを利用して購入しました。

 

横浜市は抽選でしたが、
福岡市は先着順だったので、
福岡転勤時代に申し込んで
補助を受けました。

 

【写真】

(左)生ゴミ
このときはキャベツの1番外側の葉と
果物の皮、卵の殻、剪定クズ、花がらなど

 

(右)生ゴミ処理機終了後 
生ゴミ臭さがこおばしい香りに変化

 

処理機にかけた
生ゴミをバケツに入れて、
米ぬかを隠れるまで入れます。

 

 

しばらくすると発酵してきて
白くなるので、
これを古い土に、
ほどよく混ぜてあげます。



gomi4

この大きな塊は、
グレープフルーツの皮だと思いますが、

徐々に時間をかけて、土に変わっていきます。

 

ここまでくると、
腐葉土のにおいが

 

ぷ~ん!

 

このおかげで土も元気で
植物がよく育ち、
野菜クズなども有効利用

 


そしてうれしい
キッチンは生ゴミのにおい知らず。

 

 

でも・・・
夏は節電に努めなければという、
ジレンマがあります・・・


like box

メルマガ登録

カテゴリー