葛と大麦若葉のグラス寄せデザートレシピ


DSC_0070

葛といえば、万葉の昔から秋の七草のひとつですが、
4月から11月まで青々とした葉を茂らせ、
ひと夏に10メートル以上も成長します。

 

木々を丸ごと覆い尽くすほどの
猛烈な繁殖力と強じんな生命力にあふれた植物。

 

そんな葛と大麦若葉のグラス寄せを作りました。

 

kuzu2
福岡転勤時代は、九州全域といっていいほどの
山や植物めぐりをしてきましたが、

 

写真は、筑前の小京都といわれる秋月で撮影してきた葛の葉です。
(このころから、ずっと同じカメラを使って撮影しているけれど、
写真の撮り方が全然違って懐かしいなぁ)

 

 

kuzu1
こちらは ⇑ 葛の根っこ。

 

葛は
マメ科のツル性多年草で
花は、8月の中旬から終わりにかけて房状の赤紫の可憐な花を咲かせるんです。
葉は今がまさに盛り。 お花は、秋♪

 

ピール
デザートの話に戻って・・・

グラス寄せのトップを飾っているのは、
ポンカンとなんらかの合いのこの柑橘で作ったマーマレード。
義母が育てているものなので、無農薬♪
ピール部分もおいしくいただき♡

 

しびれる苦みを抑えるべく、
3回は、湯こぼしして・・・。

 

【葛と大麦若葉のグラス寄せ】

<材料>
*本葛 20g
*牛乳 300cc
*砂糖 30g
*大麦若葉 小さじ2/3
*熱湯小さじ2
*ブランデー小さじ1

 

<作り方>
① 葛を鍋に入れて少量の牛乳でとかしてから、
  砂糖、残りの牛乳を入れる。

② 大麦若葉を熱湯で溶かす。

③ ①を中火で練り、煮立ったら火を弱め
  粘りとツヤが出てからさらに2分ほど練る。
  火を止めて②をこしながら加えブランデーを混ぜる。

④ ガラスの器に季節の果物をお好みでカットしたものを入れて
  その上から③を流す。

⑤ 冷蔵庫で30分冷やし、マーマレードをのせました。
  寒天や小豆も和風でおいしいです。

 

Information

★手作り石けん
現在募集中のレッスンはありませんが
次期開講予定をお知らせします。

ベーシックコース(石けんマイスター養成)9月開講 7月募集開始
アドバンスコース11月開講 9月募集開始

★AEAJアロマテラピーアドバイザー認定講習会

7月11日(金)10時~13時
7月19日(土)13時半~16時半

 

講習内容 アロマテラピーアドバイザー認定講習会
テキストに準ずる
講習時間 3時間
受講料
5,140円(内税380円)※テキスト代540円込
【教室Facebookページ】
▼▼▼▼▼
https://www.facebook.com/fairemavie

( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

like box

メルマガ登録

カテゴリー