【石鹸の旅】三輪の酒石鹸


三輪の酒石鹸

お土産の石鹸をいただきました。

 

奈良にある大神神社の御神体である三輪山は、
古来、三諸山(みむろやま)と呼ばれ、
「うま酒みむろの山」 と称されていたそうです。

 

「みむろ:実醪」=「酒のもと」

 

酒の神様としての信仰からの
呼び名であるとか。

(参考:今西酒造さんHP)

 

ご神体三輪山の伏流水で
醸し続けたお酒とそのご神水で
作られた石鹸。

 

オリーブ油、ココナッツ油、パーム油、ホホバ油
日本酒「三諸杉」、御神水

 

 

原材料からもわかるように、
とても贅沢な配合油、

 

 

かなり溶けやすく、
それがまた、芳醇な泡をたててくれます。

 

 

あっという間に
石鹸が小さくなって
使い切ってしまいましたが、

 

 

たちこめるお酒の香り、神聖な感じのする泡、
お肌が、つるつるになるのを実感します。

 

 

お酒の石鹸好きです!
あっ、お酒も(笑)

 

今度、三輪銘酒「三諸杉」飲みます^^。

_______________________________

恋する石けん探究コースでは、
Lesson8に「お酒の会」で日本酒の石鹸他
いろいろなお酒の石鹸を作るという
アルコール臭漂うレッスンになります。

 

【恋するお酒の石けん】赤ワイン、白ワイン、ブランデーの石けん

 

こちらの↓レッスン風景は、自宅教室のものです。
同じレッスンをず~っとやっています。

 

【レッスンレポート5月ー1】恋する石けん探究コース「お酒の会」

____________________________________
メールマガジン配信中↓


●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー