【恋する石けんStory】思い出ソープ


生徒さんの作られた「思い出ソープ」
これは、1月に入籍、11月に挙式予定の
お嬢さんへの思いがこめられた石鹸です。

 

 

3歳の七五三に被布ではなく、
矢絣(やがすり)の袴をお嬢さんが気に入り、
着せたそうです。

 

 

あの頃の姿に思いをはせて
作られた「思い出ソープ」
矢絣模様。

 

 

お二人への幸せを願って・・・
心をこめて作られました。

 

 

香りは、入籍日に
新郎新婦から送られてきた
2人の写真のイメージから
紡がれていかれました。

 

 

この石鹸の作者は、「komoちゃん」。
素敵なアイデアで石鹸に付香させています。

 

 

恋するフレグランスオブジェレッスンで
ディプロマを取得されたので、

 

 

ご自身の発想を自由に存分にいかされた
こちらの写真↑

 

 

鉛筆型の恋するフレグランスオブジェ。
小さなお花部分に精油を垂らすように
工夫されています。
(精油を垂らすと、黄色っぽく変色してしまうことが
あるので、それをこれならカバーできるでしょうって。)

 

ナイスアイデアです♪

 

石鹸に、しっかり香りもうつっていて、
お二人のイメージが浮かび上がってきます。
さわやかで初々しい。

 

試作段階だった石鹸の一部をいただきました。
こんなに試作されていました↓↑

7/4 2バッチ
7/5 1バッチ
7/6 2バッチ
7/13 1バッチ

 

挙式日に娘さんご夫婦にプレゼントする
思いがとても詰まっています。

 

左側の石鹸に「危」とあるのは、
ハーブ成分抽出時に手違いがあって
アルコール分が残っていることから。

 

 

3ヶ月弱置いて、使ってみました。
アルコールは飛んでいて、
とても泡立ちのよい石鹸です。

 

 

私の場合は、顔よりも髪に合うようで、
ツルツルとした感触が
洗い流すときに顕著に感じ、
使いやすく、乾かした後の髪が
しっとりするのに、ふんわりとしています。

 

右側の石鹸は、
にゅるっとした泡が特徴で、(左に比べると)
潤いを感じさせながら洗っている感じ。
顔や身体用にこれからの季節にうれしいです。

 

お嬢様夫婦にプレゼントされる完成品の
一部、おすそわけくださいました。

 

貴重な石鹸(涙)
「思い出」を共有させていただきます。
ありがとうございました!!

______________________

 

 
表面の矢絣模様を作った紫色は、
生薬の「紫根」で。
中側には、ハーブのネトルやパプリカで
色づけをされています。

(色づけといっても・・・色素成分の抽出油を
作製してからなので、
手間暇かかった極上の石鹸。
手作りならではです。)

暮らしが変わる恋する石けんインストラクターコース体験レッスン

____________________________________
メールマガジン配信中↓


●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー