【暮らしハーブ】春の七草ハコベの秋を知る


栗の収穫をさせていただました。

 

 

(渋皮は、石鹸に使うので
無農薬の渋皮が欲しくて。)

 

 

蚊の猛撃に負けず、木の上の栗をカットし、
とげとげのさやから出して
2.5kgの恵みをいただきました!!

 

 

お土産にいただいたハコベ(ハコベラ)
お花が咲きそう♪

 

 

七草がゆのセットに
ちょっとだけ入ったハコベしか
食べたことがなく、

 

 

こんなに大量に
手にする機会が
都心部ではあまりないものですね。

 

 

細い茎は、見かけと違って
手ではなかなかちぎれないほど強健で
食べるときは、口の中がモサモサするぐらいの
存在感!

 

 

ほうれん草よりも気持ち長めに湯がいて、
出汁醤油でごま和えに。

 

 

今年は、長雨の影響で無農薬の栗ならではの
「食べる」という観点では
むいている途中で、
悩ましいことも多発でしたが、

 

 

きゃぁ~とか、ぎゃぁ~とかではなく、
虫とこの栗たちを分かち合っている感(笑)

 

 

姿をみたらそれはそのまま虫のものとして
土に還すつもりですが、
どう還すかは・・・
農学部出身の夫にゆだねることとします。
(とりあえずコンポストに入れちゃった。→★★

 

 

____________________________
ハコベは、ナデシコ科ハコベ属の植物ですが、
同じ、ハコベ属に、高山植物もいくつかあります。

 

 

北岳の肩の小屋から、北岳山頂を目指す途中に
みつけた、【シコタンハコベ】
(だと思う・・・。)
今まさに地平線から顔を出そうとしている朝日を浴びて。

 

 

同じ属に類する植物でも
その生態や様子の違いが興味深い。

北岳山頂付近は、特有の植物も多く、
携帯に入れた写真は、
バッジよりも私の記念となっています。

 

 

(バッジ=山小屋で売っている
その山特有の動植物や山、標高などを
モチーフにした小さなバッジ。
コレクターが多い。)

 

 

北岳山頂からのぞむ富士山。

 

 

逆さ北岳↑
自分たちが立っているところが、
綺麗にシルエットとなって
向こう側にもう1つ山があるようにうつる現象。

 

ありがとう!地球
って言葉が自然に出てきて
大事に大事にしたくなる。

 

読者の皆さんにも
きっと伝わっていますよね!

 

 

 
____________________________________
メールマガジン配信中↓


●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー