【暮らしアロマ】コラーゲン産生促進カモミール・ローマン精油をいかすケアオイル


植物成分をいかした
美容オイルを手作りすること。

 

 

材料選びから作ること、使い方に至るまで
自分の好きを意識しながら自由に
できるところが魅力だと思います。

 

 

今の自分に合うものは・・・?
自分が必要としているものは・・・?

 

 

自分の肌状態やそれを取り巻く
環境背景にあたる
ライフスタイルをも
見つめることにつながります。

 

 

そして、これまで知識をつけてきた素材の特徴を
今度は、自分の肌で試してみて、
あれこれと微調整して
これというものができあがってきます。

 

 

それは、いつも一定でないかもしれない
その時どきで気分で変えていくこともあるでしょう。

 

 

そういうことができるのが
手作りでホームケアをする1番の魅力です。

 

 

 【手にしているカモミールローマン
フェールマヴィ10周年パーティーにて】

 

カモミールローマン精油の効能に関して、
「アロマテラピー学雑誌14(1),27-36,2014」
掲載の論文(AEAJ)

 

「カモミール・ローマンのコラーゲン
合成促進作用」に

 

ヒトの細胞に(ヒトの肌ではない)
カモミール・ローマン精油
を少しずつ添加して、

 

何も加えない状態と比較すると
コラーゲン量が優位に増加していることが
確認された結果がグラフとして出ています。

 

また、40歳前後の女性44名に1日1回4週間、
カモミール・ローマン精油を植物油に
1%濃度で希釈して

 

 

セルフトリートメントしながら塗布したところ、
キメが整う例がみられています。

 

この研究に基づく
「コラーゲン産生促進剤、化粧料、コラーゲン産生促進方法」
に関し、2013年5月31日付で特許取得となっています。
(引用:「アロマテラピー学雑誌14(1),27-36,2014」)

 

 

そんなカモミールローマン精油を
スキンケアにいかさない手はないですね。

 

(ただし、自分の手で作るということは、
自己責任に基づいて行うことになります。)

まずはコラーゲン産生促進が
どうして肌のキメが整うことに
関連するかということを
知っておく必要があります。

 

 

そのお肌は、大きく分けると
表皮と真皮、皮下組織の
3つの構造からなり、

 

そのうちの95%が
真皮です。

 

(真皮にコラーゲン繊維が
網目構造にはりめぐらされて
肌弾力を支えている)

 

表皮には、新しい皮膚細胞を作る
基底層というのが真皮との境にあり、
真皮はこの基底層を支えていて

 

真皮にある「コラーゲン繊維」の
産生能力が盛んであれば、
表皮細胞の新陳代謝がスムーズに
行われていきます。

 

ところが、加齢とともに
コラーゲン産生能力の衰えが出てきて

 

表皮の新陳代謝のサイクルも遅くなります。

 

古い角質層がいつまでも表皮に残るために、
肌のかさつき、くすみ、キメのあらさとして
見えてくるのです。

 

それでは、美容液を兼ねた
セルフトリートメントオイルを
作ってみましょう。

 

____________________
・オリーブ油やマカダミアナッツ油
 またはホホバ油小匙2
・カモミールローマン精油1滴
(あま~いりんごのような香りです。
お好きな方は多いですね。)

____________________
をよく混ぜて、お肌に美容液やクリーム代わりに
マッサージしながら塗布する。

 
(私は、オレイン酸とパルミトレイン酸を
取り入れるため、オリーブ油とマカダミアナッツ油
または椿油とマカダミアナッツ油を
ブレンドして使っています。)

まれに植物油だけでも
お肌に何らかの反応がある場合があるので、

 

パッチテストは、
①植物油だけ
②実際に使用する精油を希釈したトリートメント油
1と2の両方で行い、

赤みやかゆみ、腫れなどの異常がなければ
ご自身の判断で試してみてください。

 

【パッチテストの方法】

二の腕の内側に10円玉くらいの大きさに
塗り広げ、24時間以上48時間ぐらいまで
そのままにしておいた後、肌の状態を確認。
何らかの問題があれば、その素材中の成分が
肌に合わないということになります。

_____________________

【おまけ】

「ハンセイシテルンダケド・・・」

 

実家のピンジョンフリーゼの
ルイくん。1歳になりました。
やんちゃざかりで、
よくおこられています(笑)

 

ドアにちょっと隠れて
私に助けを求め、見つめるまなざし

 
______________________________

メールマガジン配信中↓


●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

 


like box

メルマガ登録

カテゴリー