【恋する石けんStory】恋する石けん販売!ボタニカルソープシリーズ


女性の暮らしの質を向上させるために
季節に合わせて植物(アロマ・ハーブ)
を使った再現性のあるホームケア法の
教室をはじめて10年が経ちました。

 

中でも、使う人の背景から処方をおこす
「恋する石けん」レッスンは、

 

新幹線・飛行機を使って
習いにきてくださる方もいて

 

●誰でもできる(安全に気を付けられる人)
●基本は、家にあるもので
●季節や体調、気分に合わせて
●再現性のあるレシピ作り
+α植物(ハーブ、生薬、野菜)のもつ効能を

 

愉しみ深め、ご自身の生活に
いかされています。

 

また、教室を始める方や
地場産業の活性化を目標に
地域特産物を商品化するという
目的の方もいらっしゃいます。

 

関わらせていただいた方々が
地域で活躍し、いきいきと暮らす
ことが、私の喜びであり、
レッスンを経たその先の目標です。

 

 

 

そんな「恋する石けんレッスン」ですが、

 

小さいお子さんがいらっしゃったり、
赤ちゃんがいらっしゃる方、
また介護のために休職されていらっしゃる方は、

 

 

石鹸は作れるようになっても、
家でなかなか作る時間がない。

 

苛性ソーダという劇物を使用するのに
買いに行ったり、保管するのが気を遣う。

 

 

フルタイムで働いていると
土日は、家事や子供との時間を
大切にしたい。

 

 

ということで、かねてより
「販売してほしい」
という声を頂戴していました。

 

 

お待たせいたしました!!
ようやく形にすることができました。

 

延べ30,096個の石けんを1つ1つ目で確かめてきたこと、
探究コースまで卒業された
150人以上の生徒さんの肌と使い心地の
好みのデータをとってきて、

 

メインオイルに選んだのは、
マカダミアナッツ油。

 

 

皮膚の再生に関わる
パルミトレイン酸が豊富で、

 

 

アロマテラピー分野でも
肌なじみがよいので、
トリートメントオイルとして
よく使われます。

 

 

これまでの石けん作りは、
オンリーワンだったけれど、
販売するにあたっては、
個々に肌や好みを知ることができません。

 

 

そういう意味で少し層が広がるので、
これまでのデータがいきてきます。

 

 

敏感肌の方に向けて、しかも軽い
メイクなら落とせるような処方を考えました。

 

カミツレ花エキスを配合

 

ヨーロッパでは「母の薬草」と呼ばれるカモミールは
和名がカミツレといいます。

 

日本には江戸時代にオランダやポルトガルから
伝えられ、日本薬局方にも第6改正まで
「カミツレ花」として収載されていました。

 

現在では、局方外生薬規格に収載されています。

 

この石鹸1個に有機栽培のカモミールを乾燥させたもの
10g分が入っています。

 

 

カミツレ花エキスとして
抽出した主要成分は、α-ビサボロール
抗酸化、抗炎症、創傷治癒、抗菌効果などが
知られています。

 

 

マカダミアナッツ油とカミツレ花エキス
油脂とハーブの組み合わせの相乗で
収斂、保湿作用があり

 

 

洗い上がりの肌を柔らかく、
ふっくらさせてくれます。

 

 

明日、大倉山の花屋&カフェ
ラ・プティフルールさんで
Go smile marketで
初お披露目となります。

 

 

この石鹸の他、
香りを暮らしにいかす
さまざまなグッズ販売、
あなたのオリジナルアロマもお作りいただけます!

10時半~17時
是非いらしてくださいね!

http://www.petite-fl.ecnet.jp/access/

_____________________________________

●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

like box

メルマガ登録

カテゴリー