【恋する石けんStory】和心(探究コース卒業制作No.23)


恋する石けん探究コース(旧アドバンスコース)
生徒さんの卒業制作のご紹介です。

 

 

石けん銘:和心

 

 

空/山/森の3つのパートから成る石けんです。

 

 

【空】
椿油がメインオイルの日本酒の石けん。
空色は藍で表現されています。

 

 

【山】
米油とごま油がメインの
茜浸出液と紅花のLLi抽出オイル、
ウコンを使った石けん。
薄荷の香りが山にピッタリ!

 

 

(インド茜が、茜色になるのに対し、
西洋茜は、もう少し赤っぽい色になる
by 藍熊染料株式会社)

 

 

【森】
米油とごま油がメインの
竹炭とよもぎの石けん
ひば精油の香りが森を表現されています。

 

 

【山】と【森】を自宅で制作され
石けんパーツとして持ってこられ、

【空】を教室で作られました。

 

 

↑最終回レッスン時の写真

卒業制作実況中継↑

赤富士!!
富士山のこの抜き型も
生徒産のお手製♪

 

 

抜型の作り方参考(→★★

 

 

石けんを包んでいる布も
ご自身で染められました。

 

 

和紙も染め、
書をしたため・・・。

 

 

水引までお手製です。

まさに「和心」

 

Nakoちゃん。
当時、中学の保健の先生でいらっしゃり、
青年海外協力隊でアフリカ在住、

 

 

そしてこの恋する石けんコース卒業後も
世界中を旅しに1年間、
日本を離れていらっしゃいました。

 

 

この卒業制作にあたり、
メールのやりとりを数えていたら
25件ありました。

 

 

メールのやりとりでは、
デザイン面のことではなくて

 

 

配合割合とオイルのバランスのこと、
植物成分抽出のことについて質問に
答えさせていただいただけなので

 

 

処方おこしとデザインの着想は
全てnakoちゃんのオリジナルによるもの。

 

 

素晴らしいです!!

 

 

この卒業制作を経て、
「何かを表現して作ることが好きなんだ」と

 

これまで思ってもいなかった
自分自身の発見があったそうです。

 

 

 

___________________________
【おまけ】

nakoちゃんの所属クラスは、
土曜日のクラスで

 

レッスン中は、たまに皆さんと
夫が顔をあわすことが多々あり・・・

 

 

発表会当日は、最後の方に写真撮影に
降りてきてもらうのも自然な流れ。

 

ところが逆に、私達が撮られるという場面(笑)

 

ひとりずつプレゼンテーションしていただいた後は
夕方のティータイム

 

 

この時は、各クラスごとに
発表会をしていて、
石けんだけ3クラス分が
わたるようにしていました。

(現在は、3クラスごとに合同発表会をしています。)

土曜日クラスの皆さんが作ってくださったフォトブック↑

 

「Faire ma vieは
ただの石けん教室ではなくて

人生をよりステキに生きるヒントを、
たくさん与えてくれる場所。

お気に入りの生き方を
見つめなおすことができる場所」

 

最後のページにかかれていた言葉です。

 

いただいたこの言葉は
今も変わらず土台にあり
教室のルーツそのものです。

 

●卒業制作アーカイブ↓

【恋する石けんStory】リ・セット(探究コース卒業制作No.22)

_____________________________________

●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

like box

メルマガ登録

カテゴリー