手作り化粧品、石けんの関連法律と精油の薬理作用の科学的根拠


一昨日は、アロマテラピーアドバイザー
認定講習会でした。

 

 

受講生には、美容師さんもおられ、
アロマテラピーに関連する法律の話は
お仕事にも直結されるので
質問も多くいただきました。

 

 

アロマで作った手作り化粧品や、
バスソルトなどの入浴剤、石けん、
虫除けスプレーなど。

 

 

これらは、自分のために作って使うから、
医薬品機器等法(旧薬事法)の規制をうけませんが、

 

 

化粧品製造業、化粧品製造販売業の許可なく
これをもし、「業として」反復継続的に行うことは、
法に触れることになります。

 

 

 【↑恋する石けん探究コース
野菜の会で作ったほうれん草の石けんと
にんじんの石けんをちりばめて、
実習した石けん 生徒さん撮影】

 

 

では、プレゼントはどうなのか。

 

 

これは、お金が発生するかしないかは関係なく
(業ではなく、材料費程度をいただいて
頼まれて作る場合もあるでしょう)

 

 

薬機法の規制は、
受けないことと思います。

 

 

 【↑生徒さん達のラッピングアイデア】

 

 

ですが、その製品により、
何かトラブルがあった場合の
PL法(製造物責任法)は免れません。

 

 

いい、悪いの問題ではなく、
それだけの自覚が必要で、

 

 

プレゼントする場合は、
あげる側受け取る側双方が
「自己責任」で扱えること、

 

 

そのものの使用法など十分理解して
納得の上で使ってもらうことが
必要となってきます。

 

 

素敵なモノを作ったら、
人に差し上げたくなっちゃいますよね。

 

 

もしプレゼントする場合は、
差し上げる方をえらんでくださいね。

 

(前職は、パルファンクリスチャン
ディオールジャポン(株)にて
化粧品製造業責任技術者として従事していました。
都の薬務課の立ち入り検査に対応したり、
品質管理基準書などの書類の整備、
輸入化粧品受け入れ時の試験データの管理、
広告・pop表現のチェック、
化粧品に貼るラベルの管理など
品質管理業務全般です。)

 

 

【↑生徒さん達のラッピングアイデア】

 

それだけ、精油は、リラクセーションだけでなく、
治癒に有効だったり抗菌防虫など

 

さまざまな作用があるということが
科学的根拠によって明らかになってきています。

 

 

(公社)日本アロマ環境協会が発行している
アロマテラピーー学雑誌は、
(会員は、AEAJサイトより閲覧可能)

 

 

いろいろな精油による皮膚科と
大学の共同研究結果や

 

 

医科大学、薬科大などの
精油を用いたそれぞれのテーマによる
最新研究の要旨集が出ています。

 

 

【↑教室で人気の王妃の水ワークショップ作品】

 

最近では、カモミールローマン精油の
コラーゲン合成促進作用データや

 

 

パルマローザ精油の白癬菌への
有効性などが出ていて興味深く読みました。

 

 

マカダミアナッツオイルの
パルミトレイン酸が
経皮吸収されること。
(恋する石けんでも、
キーとなる油脂の脂肪酸)

 

(軽擦法での施術後
血中にパルミトレイン酸が確認された。)

 

 

これが、血糖値を下げるというデータが出ていて
メタボ予備軍へのアプローチの有効性を
示唆していました。

(大阪大学医学系研究科生体機能補完医学他)

 

 

恋する石けんインストラクター
アロマテラピーアドバイザー、
アロマインストラクター有資格者の皆様と
今後こういった勉強会を定期的に
開催する予定です。

 

 

恋する石けんを
人に伝えていく立場の方のために

 

 

(石けんと名がついていますが、
使う人の背景を考えてホームケアの
カタチにする代表が石けんで

その他、ライフオーガニスタコースで
紹介しているさまざまなホームケアグッズも
恋する石けんのカテゴリーです。)

 

 

使うモノの素材をよく知っていること
さらに新しい知見があれば
逐次、アップデートしたり、

 

 

仲間の事例や話を聞く
そんな勉強会です。

 

 

__________________________
【おまけ】

アトリエのポインセチア
まだ、最後の1枚が赤く残っています・・・
びっくりでしょう^^
間もなく葉が落ちそうです。

 

 

_____________________________________

●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

like box

メルマガ登録

カテゴリー