【カプセル蒸留】ベルガモットとキウイ


(↑世田谷の農園さんで購入した
フレッシュベルガモット)

 

 

風薫る5月、気持ちがいい季節ですね。
つかの間ですものね、
大事に過ごしたいです。

 

 

さて、登録してくださっている方に
配信しているメールマガジン
(ライフオーガニックレター)があるのですが、

 

(末尾に私の顔の入った登録フォームが
ありますのでどなたでもお気軽に
ご登録くださいね。)

 

 

読者さんからハーブウォーター(ハーブ蒸留水)
の使い方についてご質問をいただき、
連休前のレターはそれについて
おこたえしていました。

 

 

そもそも「蒸留」って
なんなんでしょう。

 

 

蒸留とは、液体混合物を,
その成分の熱的性質(沸点、蒸気圧など)
の差を利用して分離することです。

 

 

身近な例をあげると蒸留酒。

 

 

これは、恋する石けん探究コースの
Lesson8の内容「お酒の会」でも出てきますが、
水とアルコールは沸点が違いを利用するんです。

 

 

水の沸点は約100℃、
アルコールの沸点は78.3℃です。

 

 

つまり、水よりもアルコールの沸点が低いので、
アルコールの方が早く沸騰します。

 

 

蒸留酒とは、このアルコールを回収した
お酒のことなのです。

 

 

ワインを蒸留するとブランデーに。

 

 

大麦やトウモロコシから作られた
醸造酒を蒸留すると
ウイスキーになります。

 

 

(ベルガモットを3パーツにわけて冷凍↑)

話しをハーブに戻すと、
ハーブを水の中に入れ
沸騰させたり、高熱の水蒸気をあてて
揮発させたハーブ成分は、

 

 

沸点の低いモノから回収されます。

 

 

高沸点のリモネンやリナロールなどの
揮発性のあるトップノートは、
普通の蒸留ではなかなか回収できないため

 

 

これらの成分が主成分となっているハーブは、
蒸留水をとったとき、「あれ?」
「これ、本当にこのハーブの蒸留水?」
って香りになります。

 

 

私が初めてラベンダー蒸留水をかいだのは、
富良野の富田ファームで
大きなアランビックで蒸留中のとれたて
蒸留水を購入したとき。

 

 

「これがラベンダーなの~???」

 

 

ナント、なんと、なんと
あおくさいことか!

 

 

また、家で蒸留しても
ラベンダーのあのス~ッとした
軽やかで透き通るような香りが
出てきませんでした。

 

 

富田ファームさんだけでなく、
他のオーガニックメーカーが出している
ラベンダーウォーターを購入しても然り。

 

 

何が足りないのか・・・。
そう、ラベンダーらしさを
決定づけるトップノート成分たち!

 

 

それが2月にLSアカデミーの田嶋晴彦先生に
教えていただいた減圧蒸留という方法で
瞳孔がひらいていく私・・・。

 

 

減圧にすることで、高沸点のリナロールなどの
トップノートの香りが、ロスなく回収できることを

 

 

私の鼻毛の奥あたりをきゅっとつかんで
ス~ッとぬけていく鮮烈な香りのいでたちが
証明してくれました。

 

 

だからといって、
実験室レベルのようなものだと
教室で提供しているものの
コンセプトに外れてしまうのですが

 

 

装置がとても小さくコンパクト、
扱いやすかったので、

 

 

無理なく暮らしに取り入れられる。
(真空状態なので、雑菌の入る可能性もない。
高品質なものが家庭で出来る。)

 

(↑先ほどのベルガモットは、
満水で150ccとれました。)

 

家庭でコンパクトな装置(ジャム瓶ほどのサイズ)で、
こんな高品質な蒸留水が流れるようにとれる
画期的な方法を

 

 

 

皆様にもお伝えしたいと
心底、思った次第です。

 

 

↑冷凍していたベルガモットの皮を
細かく刻んでこの瓶の中に入れて蒸留。

 

 

(セットした状態です。これを
チューブでつないで別の瓶に
ベルガモット芳香蒸留水が流れ出るように
なっています。)

 

 

生のお花や果皮は、すぐに使わなくても
冷凍保存しておいて、

 

 

蒸留したいときに
蒸留すればいいのですが、

 

 

私、このベルガモットを
1年半も冷凍しっぱなしでした。

 

 

(果肉は、速攻ジャムにして
食べちゃいました。^^)

 

 

それでも、刻んでいるときから
ベルガモットのあせないフレッシュな香りに
包まれることができました。

 

 

キウイもカプセル蒸留しました。
水を加えず果物だけ。

 

 

蒸留した後のキウイは、
砂糖を加えて一煮立ち。
コンポート?コンフィチュールもどきの
できあがり♪

 

 

6月30日に植物の暮らしサロンで
このカプセル蒸留をご紹介します。
初めての方には蒸留器もセットでついています。
詳細はこちらです(→★★

キウイといえば・・・
うちの鉢植えのキウイも
新芽が出てきました。

 

(隣家と窓から手をのばせば
握手できるくらいくついているのですが、
その境界となるフェンスに
食べたキウイの種を一部残して
土に植えたもの。笑)

 

_____________________________________

●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。↓

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

like box

メルマガ登録

カテゴリー