【スケジュール2017】1月のフェール・マ・ヴィ


皆さま、あけましておめでとうございます!
2017年がスタートしましたね。

 

 

元旦に1年の目標をたてる方も多いと思います。

わたくしごとですが、
昨夏は、南アルプス2.5山に登りました。
北岳~間ノ岳と甲斐駒ケ岳を連登。

 

 

(写真↑:北岳 肩の小屋から広がる夕暮れの雲海
数年前は、写っている仙丈ケ岳から
この北岳を眺めてたんだ。)

 

(写真↑:北岳登頂中から見る富士山)

(写真↑:北岳登頂中に見たご来光)

 

 

(写真↑:登頂した時は少し太陽に高さが出て、
自分たちが立つ北岳がシャドウになって映し出される
「逆さ北岳」シャッターチャンスの一場面)

今夏は、娘が受験生で部活の合宿もないので、
大きな山へのチャレンジはお休み

 

いつも新年に、夫婦でたてる山計画は
ないのですが、

 

自分に対する今年の
キャッチコピーを考えました。

 

 

「すぐやる!スッキリ☆」

 

 

前置きが長くなりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

 

2017年1月の
アトリエスケジュールです。
(→★★

 

______________________
【おまけ】

 

北岳のお隣は、間ノ岳(あいのだけ)
私の背後です。

ここから、目と鼻の先に見えますが、
まだ1時間半ほどアップダウンを繰り返します。

 

富士山、北岳、間ノ岳と
標高でいうと、日本の山
ワン、ツー、スリー。

 

2014年、国土地理院の発表で
これまでベストフォーだった間ノ岳が
ベストスリーの奥穂高岳と並び、同率3位に。

 

地表は変化しているんですね。
地球は生きている!

 

山の上で過ごすと
ものすごく肌で感じる感覚です。

 

 

特別天然記念物の「雷鳥」に
会えたのは、甲斐駒ケ岳。
初めて見たのは、北アルプスの燕岳でした。

 

こちら↑甲斐駒ケ岳は、
岩肌に魅せられる一方で

 

下山が不得意な私、特にこの山で
苦しみを味わったのであ~る(苦笑)

 

(バディも疲れて無口になっていくので、
黙々とおりる山は、なおさらつらさを感じる・・・

途中、出会った男性2人組!楽しい方々で
会話しながらひっぱって
もらったような下山でした。)

_________________

ライフオーガニックレター(メルマガ)
ご登録はこちらから↓

________________________
●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。【↓↓↓Click】

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

like box

メルマガ登録

カテゴリー