ナチュラルライフと脳にいい習慣


 

<ホシノ酵母でパン作りこねあがり>

自家製酵母を起こすということを試みると
(梅で酵母をおこしました→★★
市販の酵母(ホシノ酵母など)で酵母を起こすのは
なんと楽チンなんでしょう。

 

 

一定の酵母だけを選んで培養しているので
安定して発酵するんですね。

 

 

☆・・・☆・・・☆

さてさて
アロマ検定などで
アロマについて勉強されていらっしゃる方は
脳のしくみについて勉強されたと思います。

 

 

科学からとらえた生き方論を提唱されている
作家でもある佐藤富雄さんのセミナーがありました。

 

 

自分の人生についてコントロールできる方法
「新しい脳」と「古い脳」との
かかわりを理解することだそうです。

 

 

「新しい脳」想像力、芸術・科学による文明文化の創造
「古い脳」体温調節、消化機能などをコントロール

 

 

将来に不安を感じる=「新しい脳」で感じる
その不安が「古い脳」へ伝わり

 

 

血の気が引き、
それが3年先のことであっても
まさに今起きたかのように
体が反応するんだそうです。

 

 

「古い脳」は、事実であるかどうかに関係なく
「新しい脳」で生じる意思や想像に無批判で従います。
いわば「古い脳」=目的達成装置

 

 

この仕組みを利用して
「新しい脳」で夢や希望をしっかりイメージできれば
その実現に大きく近づくのでは・・・?と
佐藤先生は問いています。

 

 

「新しい脳」で使うのは「言葉」
言葉や口癖が古い脳を動かす。

 

 

意識的に言葉を選ぶことは大切だということを
改めて思い知らされます。

 

 

そして発生した言葉は脳に記憶されます。
自分にとって理想の未来を作っていくような「言葉」を
選択して使ってほしい。

 
自分が使う言葉で自身の人生が変わりますと
結ばれました。

 

 

そして、そもそも夢や希望がなければ
この仕組みも役立てられない。

 
夢を持つためには脳が活発に
働いていることが必要だと。

 

 

それには脳が喜んでいる
「快」の状態でいることが大切とおっしゃいます。

 

 

皆さまの脳の「快」の状態はどんなとき?

 

 

私は、こうして好きなパン作りをしているときや
家族との何気ない日常のお食事のとき
(料理も後片付けも終わった後)

 

 

アロマテラピーの時間にどっぷり浸っているとき
そして、サロンのレッスンをしているとき

 

 

手づくり石鹸の解禁日がきて
初めて使用するとき

 
おいしいものを食べているとき

 
家族と旅行にでかけているとき

 
ホームパーティーをしているとき

 
・・・・・
・・・・・

「快」のスイッチが入りやすいよう。

医学的には
脳が活性化されるホルモンといわれる
ドーパミンは、歩くことで
生成されるんだとか。

 

 

ウォーキングが習慣の方々
歩きながら、自分の決意を繰り返し
言葉にしてみるのもいいですね。

 

 

土日は2時間以上
平日は1日でもいいから
30~40分程度歩くといいそうです。

 

 

さ~て明日も幼稚園キッズとママの
親子アロマ講座です。

 

 

若いママたちとのおしゃべりや
かわゆいキッズたちと会えるのが楽しみです☆

 

 

ドーパミンいっぱい生成されそう!

_________________

ライフオーガニックレター(メルマガ)
ご登録はこちらから↓

________________________
●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。【↓↓↓Click】

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

like box

メルマガ登録

カテゴリー