【ハーブ利用法】香りを愛でる


blog_0270

キッチンの小さな出窓。

外でこれでもかというほどよく育ち、
香りも強いチェリーセージと
メドウセージを
ガラスの器にさして・・・。

 

 

ざくっと入れただけだけど、
背の高い細めの瓶で
おさまりよく、

 

 

それだけで、
そこはもうなんだか神聖な場所。

 

窓から入ってくる風
香りがフ~ッとたちこめます。

 

blog_0288

ローズマリーは、
年中お花を見せてくれるので、

 

ちょこっとカットして
スッと水を注いだ瓶へ。
これはアトリエに連れていきました。

 

blog_0055

ひと枝のオリーブ↑

鉢植えで育てているオリーブ
(マンザニロとフラントイオ2種)の結実が
うれしくてほんの1枝をアトリエに。

 

印象に残っているノーベル賞受賞の
大隅先生の教え子さん達の
インタビューがあります。

 

『流行にのらず、自分で見つけた
取るに足らない小さな事象でも
1つ1つコツコツと続けていくことの大切さを
先生の背中を見て学んだ』ということ。

 

はやりにのれば、簡単だけど
そこに多くの人の視点が集まっている。
そこから外してみる勇気。

 

このひと枝のオリーブを見ながら
味わった言葉。

blog_0063

これはね、↑
フレッシュティーを入れるために
直前までこうしてスタンバイ。

blog_0143

ミントのお花が咲いたから↑
この部分をカットして。

【ミントのギリシア神話】

暗黒の体を持つ猛々しい神である
冥界の王プルトンは、

 

ある日地獄の河の神コキュトスの娘で、
美しい水の妖精メンティに
恋をしてしまいました。

 

それを知った嫉妬深い妻の
ぺルセポネの怒りを招き、
踏みつけられ、

 

メンティは草に変えられてしまいました。

 

その草がハッカで、
メンティは草に変えられてもなお、
自分の居場所に気づいてもらうため、

 

踏みつけられればられるほど
芳しい芳香を発し、

 

プルトンや人々を惹きつけたといいます。

 

その草はメンティの名前から
「ミント」と呼ばれようになりました。

 

ミントが好んで水辺に生えるのは、
かって河神の娘であったからとされます。
(出典:http://www.teych.com/8ghana-23.html)

 

・・・・・・・・・・

【おまけ1】

blog_0122

レッスン後の夕方に
アトリエにきてくださった素敵な来客の
おひとりをご紹介します。

パーソナルカラースタイリスト
エムカラーデザイン(株)代表取締役
河波昌美さん

 

10/1(土)横浜高島屋1階で
福田織物さんのストールと
パーソナルカラースタイリングの
イベントでも沢山のお客様にスタイリング
アドヴァイスをされたり・・・とご活躍されています。

 

(その日実は、11時の回で
モデルをさせていただきました。
私のパーソナルカラーは秋だから。)

 

 

14457320_1056135144501795_1922729581074516069_n-crop

↑緊張しています、かなり。

 

【おまけ2】

 

 

blog_0018

横浜には、こんな風景が見られるところが
あるんです。ここからの眺めがすき。
(桜木町から赤レンガへ汽車道を通って
歩いて行くところ)

 

blog_0022

傾いた太陽の光に照らせた
ススキは、はっとする美しさで
私を魅了して、思わずパシャリ☆

________________

ライフオーガニックレター(メルマガ)
ご登録はこちらから↓

________________________
●日々のフレッシュな教室の様子は
FBページに掲載しています。【↓↓↓Click】

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック

like box

メルマガ登録

カテゴリー